【画像ギャラリー】ハマったらもう出てこられない!? オススメのレーシングシムソフト&アイテムをギャラリーでチェック!!!


■実際のプレイ環境 ~栗原氏編~

(TEXT/栗原 淳)

 自分は、家の一室(約7畳)を使ってプレイ環境を構築している。コックピットは「NextLevelRacing GT TRACK Simulator Cockpit」。

 しっかりとしたフレームにバケットシートが装着されており長時間でも疲れにくい。コックピットには、4つのダイヤルが装着されているステアリングが特徴のハンドルコントローラー「Thrustmaster T-GT」、フルメタル製のペダルセット「T3PA -PRO」そしてハンドブレーキ用として「TH8A Shifter」を装着している。

 PCは、4年前にパソコン工房で購入したコンパクトなゲーミングPCだが、自分でメモリーとグラフィックカードをアップグレードしているので現在も快適である。

■実際のプレイ環境 ~岩佐氏編~

(TEXT/岩佐 琢磨

 会社を経営したり、投資をしたりしているいちクルマ好き、岩佐です。ホンダの赤ヘッド4気筒に惚れ込んでしまい、ガレージにはインテRが3台とS2000があります。

 以前に海外製レーシングシムの連載記事を書いていたことも。そんな私が、自宅で本格的なレーシングシムを楽しめる環境を紹介します。

 実は筆者の環境はびっくりするほど古めかしくて、8年落ちのCPUに2年落ちのGPU、12年落ちのハンドルコントローラーだが、画質をちょっと調整すればほぼ問題なく楽しむことができています。詳しくは本稿で!

岩佐氏の環境構成

次ページは : ■今回紹介してくれた人

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ