【画像ギャラリー】車両火災に遭遇した時 どうすればいいのか!? 憶えておきたい3つの対応


■自身の危険を考慮しつつ初期消火を行う

火の勢いがまだ弱いようであれば、初期消火を行う。危険が伴うため、自身の安全を優先することが大切だ

■トンネル内で火災に遭ったら

押しボタン式通報装置か非常電話で通報。消火栓の設置されているトンネルもあるので、消火栓を利用して可能な限り消火に努める。火が大きい場合は、速やかに避難する

記事に戻る|クルマは案外簡単に燃える!! いざという時に憶えておきたい車両火災の対応方法

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

特集 2030年 日本クルマ界大予測  地球環境問題、カーボンニュートラルのことを抜きに進んでいけない状況の、この先の自動車業界。「2030年」という年はひとつのカギになりそうな年で、その2030年という未来をテーマにした特集企画です。  …

カタログ