自動運転車、欲しい? 日産、ベンツ、テスラで本当に使えるのはコレだ!!

プロパイロット搭載の日産セレナも8月に発売され、いよいよ日本でも自動運転への期待が一気に高まっている。自動運転なら「渋滞中のドライブも読書したり、TVを見ながら全自動で目的地に向かえる!」なんてイメージを持っている人も多いかもしれないが、現時点の“自動運転”では、残念ながらそれらはまだNG。
“自動運転”と一口に言っても、さまざまな段階があり、最も進んでいるものでもレベル2=準自動走行レベルだからだ。それでも“あり”と“なし”では大違い。乗れば今までの運転の概念を変える可能性を大いに感じさせるこの機能。日・欧・米の注目車で、どれが最も使えるのかを診断する!!

文:永田恵一
ベストカー2016年9月26日号


三者三様の自動運転、光るのはベンツの哲学

日本で買うことができる実質的な自動運転可能なのがこの3台。最近発表になったベンツEクラス、国産勢では初採用となる日産セレナ、そして自動運転のパイオニア的存在のテスラモデルSだ。各車それぞれに似た印象もあるが、下記のスペックどおり似て非なるものである。各車の機能をじっくり見つつ、ナンバーワンを選んでいこう。

多くのセンサーなどを使い技術的に進んでいるように見えるのはテスラモデルSのように感じるが、アメリカで自動運転中に死亡事故が起きた点も含め、自動運転やクルマは扱いを誤れば危険な道具になるということに対する認識の甘さも見受けられる。160km/hでも手放しOKというのは技術的にはすごいが、スペックを追い求めすぎているフシも感じるので2番手。

それを考えるとトップは自動運転に対する慎重さ、機能の豊富さを評価してEクラス。とにかくユーザーの安全を考えた自動運転を主眼に置いていて、アクティブエマージェンシーストップアシストなど、疾患時のドライバー保護などメルセデスらしい作り込みだ。操作がない場合にはクルマを安全に止める。この哲学は今後の自動運転に欠かせない。

セレナは単眼カメラだけで、安価で安全な自動運転を成立させたことに関しては高く評価したい。渋滞の多い日本で家族が使うミニバンにこの機能を搭載したことはすばらしい。しかし、逆をいえば単眼カメラしかないため、今後の伸びシロもかぎられている。

センサーなどが追加されるのかは不明だが、現段階での進化の余地には疑問符が付く。よって現段階では3番手だ。

テスラモデルS ■センサー:ミリ波レーダー+単眼カメラ+超音波 ❶停止からの自動再スター トを含む追従型クルコン=ACC ❷160km/hまでのハンド ル操作(5分で解除されるが、逆に考えれば 5分に1回ハンドルを持てば維持される) ❸ウィンカー操作での車線変更 ❹自動駐車機能

自動運転のパイオニア
テスラモデルS ■センサー:ミリ波レーダー+単眼カメラ+超音波 (1)停止からの自動再スター トを含む追従型クルコン=ACC (2)160km/hまでのハンドル操作(5分で解除されるが、逆に考えれば 5分に1回ハンドルを持てば維持される) (3)ウィンカー操作での車線変更 (4)自動駐車機能

 

 

 

ベンツEクラス ■センサー:ミリ波レーダー+ステレオカメラ+超音波 ❶停止からの自動再スタートを含む追従型クルコン=ACC(30 秒以内の停止なら自動発進対応。また210 km/hまで設定可能) ❷ステアリングパイロット(ハンドル操作の アシスト。10km/hまでなら手放しOK。白線が明瞭なら210km/h、不明瞭な場合は 130km/hまで対応) ❸自動レーンチェンジ(80~180km/hまで対応) ❹アクティブレーンキーピングアシスト ❺アクティブエマージェンシーストップアシスト(ドライバーの反応がない時に複数回警告を行い、それでも反応がない場合はクルマを速やかに停止させる) ❻自動駐車機能

世界トップの安心と機能
ベンツEクラス ■センサー:ミリ波レーダー+ステレオカメラ+超音波 (1)停止からの自動再スタートを含む追従型クルコン=ACC(30 秒以内の停止なら自動発進対応。また210 km/hまで設定可能) (2)ステアリングパイロット(ハンドル操作のアシスト。10km/hまでなら手放しOK。白線が明瞭なら210km/h、不明瞭な場合は 130km/hまで対応) (3)自動レーンチェンジ(80~180km/hまで対応) (4)アクティブレーンキーピングアシスト (5)アクティブエマージェンシーストップアシスト(ドライバーの反応がない時に複数回警告を行い、それでも反応がない場合はクルマを速やかに停止させる) (6)自動駐車機能

日産セレナ ■センサー:単眼カメラ ❶停止まで対応する追従型クルコン=ACC(3 秒以上の停止からの再スタートはリジュームボタンを押すかアクセルを軽く踏む必要あり ❷車線中央を走る全速度域ステアリング制御(両側に白線がある場合、約50km/h以下でも先行車がいる場合のみ作動。10km/hまでなら手放しOK) ❸自動駐車機能

国産初&庶民派の自動運転
日産セレナ ■センサー:単眼カメラ (1)停止まで対応する追従型クルコン=ACC(3 秒以上の停止からの再スタートはリジュームボタンを押すかアクセルを軽く踏む必要あり (2)車線中央を走る全速度域ステアリング制御(両側に白線がある場合、約50km/h以下でも先行車がいる場合のみ作動。10km/hまでなら手放しOK) (3)自動駐車機能

注目の自動運転、これからどうなる?

アイサイトver.3を搭載するレヴォーグ(左)はレベル1。新型ベンツEクラス(右)はレベル2。スバルは2017年度中にレベル2のアイサイト搭載車を発売予定だ

アイサイトver.3を搭載するレヴォーグ(左)はレベル1。新型ベンツEクラス(右)はレベル2。スバルは2017年度中にレベル2相当の渋滞時追従機能を持ったアイサイト搭載車を発売予定だ

基本的にはレベル2がもっと拡充されるだろう。スバルのアイサイト、トヨタのセーフティーセンスPが少し進化すれば渋滞中の自動運転などは可能になるはず。国産メーカーでもトヨタ、日産、スバルはレベル2以上を目指した実験を行っている。とりあえずレベル2は遠くない将来に身近になるはずだ。

それ以上のレベル3、レベ ル4にもなるとなかなかハードルは厳しい。特にドライバーが不要の無人運転レベルになると決まったエリア内では実現可能になるかもしれない。たとえば2020年東京五輪の会場間で、専用道路を走行する移動車両などではレベル3以上の技術も実現可能だろう。ただ、市販車への搭載・実用化に関してはまだまだ時間がかかりそうだから首を長くして待ちたい。

★自動運転の“4段階”
■レベル1(運転支援システム)…物理的な運転からドライバーが解放されない。例:スバルアイサイトver.3ほか多くのACC
■レベル2(準自動走行システム)…アクセル、ブレーキ、ハンドルなどの運転操作をクルマに任せられる〈※ただし、ドライバーには常時交通状況を監視する義務がある〉
例:日産セレナ、ベンツEクラス、テスラモデルS
■レベル3…ドライバーに常時交通状況を監視する義務がない段階
■レベル4…目的地をインプットするだけでド ライバーは運転操作も交通状況の監視もしないで目的地に着ける段階