【人生を変えるクルマ】 平凡な毎日が冒険になる「無敵の相棒」

「いつもと変わらない毎日」「刺激のない日常」を冒険にするには……。あえてややこしいクルマを選ぶことも必要だろう。高揚感を得てこそ冒険のはじまりだ!

選・文:中村孝仁
BestCar PLUS 2016年5月18日号





冒険は走破性だけが大事なわけじゃない

僕が青春していた1960年~1970年代頃、クルマの存在は今よりはるかに重くて、重要なものだった。でも、現代の若者だって当たり前のようにクルマの世話になっているだろう。はっきり言って、まだまだクルマがなければ行きつけない場所が日本にもあるし、世界に目を広げれば、そんなところは当たり前にゴロゴロある。だからクルマは今もわれわれにとって一番身近で、大切な冒険のツールと言ってもよいだろう。

18歳で免許を取ってこれまで、45年もクルマの世話になってきたが、思えばずいぶんと刺激を受け、感動を貰った。

オーストラリアで初めてランドローバー・ディスカバリーの試乗会に行った時、彼らが設定したテストコースは、これまで一度として走ったことのない難所。だがそこを走破した時、このクルマはサバイバルツールになる! と思ったものだ。同じ経験はジープでもさせてもらった。

オープンカーはこれまで2台所有したことがあるが、どちらのケースでも、バイクに近い爽快感と得も言われぬ気持ち良さを味わった。かつてキャデラックを所有したことがある。まだまだ、芸能人御用達感が残っていた時代だから、所有しているだけでとてつもない高揚感を味わったし、そのV8による圧倒的なスムーズさと静粛性に感動を覚えたものだ。

まあいずれも個人的な感覚かも知れないが、自動車とはこんなような感動や爽快感あるいは高揚感を与えてくれる。尖ったクルマであればあるほど、毎日の生活にインパクトを与えてくれる冒険的存在だ。一度ハマってみて欲しい。

 

Caterham/スーパーセブン
新車価格:約460万円~

このクルマには実用性など微塵もない。つまりは遊ぶためのクルマだ。裏を返せば、走ることと所有することこそ、このクルマに課せられた使命であって、ユーザーははまるからこそこのクルマを買う。冒険心がなければ決して手を出せるクルマではないが、だからこそ刺激を求めた人生には最高の1台だ。軽エンジン搭載の安価なモデルもあって、楽しめること請け合い

JEEP/ラングラー
新車価格:約396万円~

最近はだいぶ角が取れてきたが、少し前までのラングラーは、実に挑戦的であった。というのも、クルマのほうから「お前、俺の能力を100%引き出せるものならやってみろ」と挑戦状を突き付けられているような感覚に陥るからで、実際究極の場所で乗った経験から言わせてもらえば、運転さえうまければ、行けない場所はないのではないか? そう思わせる1台だ

MORGAN/3ホイーラー
新車価格:約515万円~

このクルマをクラシックカーだと思ってはいけない。実は今でも新車で手に入る。おまけに所望すればEVだって用意されている。確かに最初に作られたのは第2次大戦前の話だが、ほぼ形を変えずに今も残る化石のようなクルマを現代のメカニズムで走らせることが出来る。これこそクルマで体験できる究極的な冒険かもしれない

NISSAN/ジュークNISMO
新車価格:約297万円~

フランスは登録車の7割近くが小型車。日本だって同じような状況だが、どうも小型車に乗っていると馬鹿にされた感を味わうことが多い。山椒は小粒でピリリと辛いという喩えもあるように、隠れた能力を持つクルマだってある。それに「窮鼠猫を噛む」の諺通り、その気になった時に凄いパフォーマンスを発揮するクルマは冒険野郎にピッタリ。ジュークニスモはその好例だ

SUZUKI/ジムニー
新車価格:約129万円~

世界で一番道を選ばないクルマ。もしかしたらこのジムニーこそ最強かもしれない。走りのポテンシャルでは最高を認じるジープも、このクルマにかなわない部分がひとつだけある。それは富士山。溶岩が細かく砕かれた富士砂は、車重の重いクルマは潜って走れない。だが軽いジムニーはすんなり走れる。小さくてもその脚力は、世界一を唸らせるのだ

TOYOTA/G’sノア/ヴォクシー
新車価格:約310万円~

子育て期間中のオトーサンは、たとえクルマ好きでもガチガチに足を固め、ロールケージの入ったクルマには乗れない。オカーサンからの要求は、ベビーカーが載せられて、車内で着替えをさせられること。でも、ちょっとは走りだって楽しみたいというオトーサンの冒険心を少しだけ満たしてくれるのがこれ。かなり本気になってサーキットも走れますよ

BMW/M5(E60型)
中古車価格:約250万円~

M5。それもE60でなくてはダメだ。なぜか。それは搭載エンジンに秘密がある。実はこれ、世界で初めてV10エンジンと7速のシーケンシャルミッションを量産モデルに持ち込んだ画期的なモデル。しかもV10エンジンは当時ザウバーBMWに積んでいたF1用と一緒……というわけにはいかないが、そのサウンドはあたかも自分がF1をドライブしているかのような高揚感をもたらしてくれる

TESLA/ロードスター
中古車価格:約500万円~

オープンカーが気持ちよいことは本文でも書いた。これがCO2を全く排出しないクリーンなクルマとなれば、ちょっと鼻が高くなって、他のオープン2シーターとは区別して欲しくなる。おまけに、EVがもたらす別世界のような加速感は、一度体験すると病みつきになることうけ合いだ。新車当時が1500万円近かったこのクルマも、今なら500万円で手に入る

HONDA/S660
新車価格:約200万円~

ケーターハムはあまりに極端という人にはS660がおすすめ。たかが軽自動車、されど軽自動車で、作っているところを見せてもらったが、その入れ込みようはハンパない。作っている側がこれだから、買う側にもそれなりの覚悟が求められ、一歩を踏み出すのに躊躇する。これこそ、人生の冒険に踏み出す第1歩。勇気をもって挑戦したいものだ

Mercedes-Benz/Gクラス
新車価格:約1070万円~

絶対に手が出ないような高額車には、ある種の畏敬の念が注がれる。かつて芸能人御用達だったキャデラックを僕が所有した時に味わった高揚感と少し上を向いた鼻は、周囲の視線によるもの。そこで今おすすめするのがGクラス。もともとが軍用車だった4輪駆動車を、究極のラグジュアリーカーに仕立て上げた1台。文句のつけようがないはず。何でも銀座のママにもモテるそうだ