レッドブルがスーパーGTに進出!! 飲料メーカーとレースカーとの深い関わりとは?

サーキットを彩るマシンの数々。最近その勢力図をすっかりぬりかえ、レース界をほぼ手中に収めた感もあるレッドブルが、次はスーパーGTに進出するという。そのマシンはあのレクサスLC。そこで、本記事ではさまざまな飲料メーカーが彩ったマシンをピックアップ。意外な組み合わせがかっこいい!? そんなクルマたちを紹介する。

文:ベストカーWEB編集部 写真:RedBull、日産、ポルシェ





レッドブルがGTに進出

F1やWRCなど主要なモータスポーツカテゴリーで、あの赤い猛牛のデカールを見かけない日はない。日本でも先日スーパーフォーミュラのレッドブルカラーが話題になったが、今度はなんとハコ車の最高峰スーパーGTへ進出するという。

レッドブル・アスリートの平川亮選手へのスポンサードの形になるが、レッドブルカラーをまとったのはスーパーGT、37号車Keeper TOM’S LC500。2017年から新型にスイッチしたばかりのマシンだが、そのカラーリングも相まって注目の1台になりそうだ。平川選手も「翼をさずかったわけですし、ちんたら走るわけにはいかない」と今年の活躍を誓う。

元々青いカラーの37号車だけにレッドブルの赤/青/黄のコントラストは想像以上にフィットしている印象。平川選手が登場するビデオはデコトラ、そして街道レーサーが登場するいかにも1980年代テイストのもの。さらに舞台はスーパーGTマシンがいるわけのないガソリンスタンドだが、妙に親和性が高く納得してしまう説得力があった。

極めて自然な印象のレッドブルカラー。今後も増殖するのか!?

リアもかなり秀逸なデザイン。後続車に闘牛を見せつけられるか!?

次ページ:あの飲料メーカーもスポンサーをしていた!!