CM好感度ランキング発表、自動車メーカー1位はあのメーカー

2017年4月18日、CM総合研究所が2016年度(2016年4月度〜2017年3月度)の企業別CM好感度ランキングを発表した。そちらの順位を紹介するとともに、クルマ好きなら「自動車メーカーで上位だったのは……?」というのも気になるところ。「あのシリーズ」を擁するメーカーがトップでした。

文:編集部 写真:Shutterstock.com





総合1位は昨年と同じく、auの「三太郎」シリーズ

CM総合研究所は、2016年度に在京キー5局にCMを流した全2208社のなかから、どの会社のCMの好感度が高かったかを、関東一都六県在住の一般も板−男女3000人に調査・集計。その結果を発表した。

総合順位は以下のとおり。

順位(前年順位)/企業名/代表銘柄「代表作品」/主な出演者

1位(1)/KDDI/au「三太郎シリーズ」/松田翔太・桐谷健太・浜田岳ほか

2位(2)/ソフトバンク/SoftBank「SUPER STUDENT」/ジャスティン・ビーバーほか

3位(3)/日本コカ・コーラ/ジョージア「おつかれ、俺たち。」/山田孝之ほか

4位(9)/NTTドコモ/NTT DOCOMO「得ダネを追え!」/堤真一ほか

5位(5)/花王/アタックシリーズ「30歳の挑戦」/本田圭佑・渡辺直美ほか

6位(171)/アマゾンジャパン/Amazonプライム「ライオン」/ゴールデンレトリバーほか

 

なんといっても注目は、前年171位だったアマゾンジャパンの6位躍進。

赤ちゃんに泣かれてしまい部屋を出て行き、遠くから眺めるゴールデンレトリバーのあのなんとも寂しそうな顔にグッと来た視聴者も多いのでは。

次ページ:それでは自動車メーカーの好感度1位は?