パトカーマニアが教える、本当に役立つ覆面パトカーの見分け方

SNSなどを見ていると、あのー……シェアって言うんですか? 面白そうなページを共有するようなシステム(本企画の執筆担当者はSNSに疎い)で、「覆面パトカーの見分け方」みたいなページに飛んでみたりするんですけど、アナログ時代からパトカーマニア歴の長い私に言わせれば、「おいおいおい……」ってな記事が多くて参っちゃうことが多々あります。

そもそも「交通取り締まり用覆面パトカー(通称「交パ」)」と私服警官が乗る「捜査用覆面パトカー」、さらには「要人警護用覆面パトカー」の区別が付いていない記事も散見するのだから困りものです。そうしたページに直面すると、マニアはひとりモニターの前で「いや、あの、それは……」と頭を抱えて悶々とするわけです。正直自分で自分が手に負えていない。

さておき、われわれが「見分けたい」と情熱を燃やすのは、もちろん「交パ」。

そんなわけで本記事は、主に本企画担当のモヤモヤを晴らすべく、「パトカーマニアが教える、交通取り締まり用覆面パトカーの見分け方」をお送りいたします!

※なお本稿は、当然「取り締まられることを避ける」を目的にしたものではありません。交通違反など言語道断、迷惑千万。あくまでパトカーマニアがマニアとして、見分けて楽しんで、時に警察官の皆さまの実直な勤務に感謝するためのものであります。その点、誤解・悪用なさいませんようお願いいたします。

文&写真:ベストカー編集部





「クラウンを見たら覆面パトカーだと思う」

まずいきなりではありますが、いわゆる「交パ」は基本的にほぼすべて車種はクラウン、と言っても過言ではありません。もうね、「クラウンを見たら交通取り締まり用覆面パトと疑え」っていうのはパトマニアのあいだでは常識中の常識です(編集長註/クラウンオーナーの皆さま申し訳ありません)。今日現在、交パとして現役で活動中なのは2003年にデビューした12代目S180系、いわゆるゼロクラウン、2008年デビューの13代目S200系、そして現行型S210系です。

S210がデビューしたときはあの大胆なフロントグリルを見て「これ、パトカー仕様はどうすんのよ!?」と思ったものですが、2017年2月頃からまずは警ら用ロイヤル顔のパトカーが活動を開始し、3月頃から「交パ」としてアスリート顔が配備されはじめました。こうしてパトカーになってみると、案外違和感がないから不思議なもの。もちろんアスリートの覆面「交パ」もすでに存在していますぞ!!

典型的なS180 系クラウンの覆面交パ。前面警光灯はナンバー両サイドにオートカバータイプのものが装着されている。また後ろ姿はトランクリッド左側に装着される「RoyalSaloon」のエンブレムがなく、右側のCROWN エンブレムのみ。この車両は警視庁第五方面交通機動隊に所属しており、ベストカー編集部の近辺でしばしば活動する姿を見かける

ちなみに、なんでクラウンに限ってパトカー採用率が高いのかというと、これはもうきわめてシンプル。トヨタは最初からクラウンをベースにしたパトカーモデルを開発しており、パトカーとして型式認定を取得しているからにほかならないからです。市販モデルの車両をベースにパトカー仕様へと仕立てているのではなくて、最初からパトカー用に開発され、パトカーとして誕生しているのだから、国費で大量購入→全国警察に一括配備するには最適ってことですね。かつては日産がセドリックで同様のことをしていましたが、現在は撤退してしまい、「パトカー仕様」をラインアップに持つのはトヨタのクラウンが唯一の存在となっています。ワンメイクですな。

次ページ:なかなか難易度が高い、覆面交通取り締まりパトカー

One thought on “パトカーマニアが教える、本当に役立つ覆面パトカーの見分け方

Comments are closed.