【これは珍なり】日産のキーマンが1000hpのGT-Rに乗った!? アメリカ発のホットなGT-R

日本の自動車メーカーはとってもマジメ。ましてや社員がチューニングカーに乗るなんて御法度!! くらいのイメージもあるが、アメリカからなかなかおもしろいニュースが入ってきた。なんとR35GT-Rの開発責任者の田村宏志氏が超弩級のチューンドGT-Rに乗ったという。その光景をアメリカからお届けしよう!!

文:ベストカー編集部/写真:Alpha performance
ベストカー2017年6月10日号





開発責任者がチューニングカーに乗る意味

日産GT-Rといえば世界を震撼させた日本が誇るスーパースポーツだ。すでに登場から9年も経過してしまったとは信じられないが、現在でも毎年のアップデートによって世界最高峰のスポーツ性能を持っているクルマだ。

しかし世界のクルマ好きはそんな高性能なGT-Rにも手を加えたくなってしまうようだ。日本でも多くのチューナーが800psなど驚くべき出力のR35を完成させているが、なんとアメリカには1150whpの出力を発揮するR35がいるという。”whp”はシャシーダイナモから計測した馬力で、アメリカでは慣例として係数をかけない。つまり純粋に1150hpのGT-Rってワケ。

世界は広いからそれくらいのGT-Rがいてもなんてことはないだろう、と思う人もいるはず。しかしこのGT-Rのおもしろさはまた違うところにある。なんとGT-Rを作っている日産の社員が試乗しちゃったのだ。その日産マンこそ、GT-Rのチーフ・プロダクト・スペシャリスト(開発責任者)、田村宏志氏。これは珍なりだ。

タブレットを片手にチューニングGT-Rを見る田村氏。ベースがしっかりしているからこその大パワーチューニングである

クルマ好きには地位も立場も人種も関係ない。担当はこの写真がとっても好きだ!!

1150hpを実現した技術を目の当たりにする

田村氏は2014年モデルからGT-Rの開発責任者だ。かつてはR34のスカイラインGT-Rの開発にも参加し、Mスペックを担当したことも。Mスペックは革張りのシートに乗り心地を重視したサスペンションで、当時のスポーツカーとしては珍しいコンセプトだった。

R35の2017年モデルが比較的コンフォートな面を持っているのにはそんな背景もあるといわれる。その田村氏が出会ったのがアルファ・パフォーマンスというアメリカのチューナーがカスタムしたGT-R。レースガソリンで1150hp、93オクタンの市販ガソリンで1000hpをたたき出すモデルだ。

もちろん中身も過激。4.1Lまで排気量は拡大され、専用のターボチャージャーを装着。足回りもアルコンのレース用ブレーキキット、そして1000hpを受け止めるタイヤはフロントが295/30R/20、リアは345/30R20というビックリなサイズだ。ビックリだけど、それくらいやってくれないとこのスペックは怖い気がする。

カーボンのカバーが取り付けられたVR38エンジン。いや4.1LだからVR41になるのか!?

R35開発責任者は1000hpのGT-Rをどう見る!?

超弩級のGT-Rに対峙した田村氏。とはいえ、田村氏本人も600psを発揮するR32を所有しているという生粋のチューニングカー好きでもある。

シカゴにあるアルファ・パフォーマンスの工場を訪れたのは2015年の7月14日。そのタイミングだとGT-Rの2016年モデルが発表されるのか!? と騒いでいた頃だ(結局マイナーチェンジが施され2017年モデルになった)。もしかしたらあまりにもアルファ・パフォーマンスのGT-Rのインパクトが強く、その後のマイナーチェンジに影響を与えたのかも!?

まっ、そんなことはないと思うが、田村氏のどこかにこの超絶GT-Rに乗った印象はあったことだろう。外観も見てのとおり、派手な空力付加物はGTウイングくらいしかない。ワイドフェンダーもスムージングされていてあたかもノーマル然としている。

硬派なチューニングマシンではなく、優雅さすら感じられるではないか。でも中身は1000hp。「ヒツジの皮をかぶったオオカミ」なんて言葉が思い浮かぶ。田村氏は感想として同社のデモカーのダッシュボードにサインとともにこう残した。「So, Amazing!!(なんて凄いんだ)」。超弩級のGT-Rが日産から出てきた時は、このアルファ・パフォーマンスのGT-Rを思い起こそう。

GT-Rの欧米での愛称は「ゴジラ」。英語ではGODZILLAと書くのが普通だが、日本語の読みに近いGOJIRAという表記がアルファ・パフォーマンスの日本好きを感じさせる

“So,Amazing!!”。チューナーからしたら開発責任者のこの言葉は最大級の賛辞のはずだ