乗り物系究極の専門誌『バスマガジン』の世界へようこそ

「『バスマガジン』の魅力を紹介してほしい」。ベストカーWeb編集長より突然の依頼を受け、よーしがってん、と引き受けたバスマガジン編集特派員。何しろ数ある乗り物系専門誌の中でもマニアック具合ではなかなか右に出るものがいない「バス」の専門誌。ここは腕に寄りをかけて、濃いエキスの中からさらに濃厚なところを皆さまにご紹介しましょう! 皆さん、めくるめくバスの世界へようこそ!!

文&写真:バスマガジン編集部


■バスの趣味雑誌『バスマガジン』を知っているか!?

クルマはもちろん鉄道、航空機、船舶などなど、世に乗り物ファンは多けれど、そのなかで「バス」というセグメントにヒットした人たちに向け、丸ごと1冊バス情報を満載している専門誌が『バスマガジン』です。

バスには路線バスや観光バス、高速バスやコミュニティバスといったさまざまな運行形態があり、またメーカーで製造される車両にも大・中・小の各サイズのほか、幅広・狭、背高・低などさまざまなバリエーションや多数のオプションが設定されています。バス事業者は、運行状況に合わせてバスを調達しますから、バス1台1台に生い立ちがあり、歴史があるのです。極論すれば、どれもこの世にたった1台のバス、といっても過言でないほどです。

そんなバスに愛情を寄せ、乗ったり撮ったり、調べたり探したり拝んだり、触ったり嗅いだりして楽しむ趣味人たちと交流し、さまざまなバス情報を発信しています。

ちなみに奇数月(1月、3月、5月、7月、9月、11月の各27日)の隔月誌なので年6回発行。一冊1430円(税別)でけっこう売れています。はい。

三菱ふそうが正式に国内導入販売を開始したメルセデス・ベンツ製の連節バス「シターロG」。80号では表&裏表紙に全長18mのボディを掲載するという大胆なデザインが好評だった