「買ってはいけないグレード」がある?? 人気車最安グレード研究ほか【週間人気記事ランキング】

後半に大きなニュースや大量アクセスが集中した5/28(日)〜6/3(土)の『ベストカーWeb』。本記事ではその一週間の中で特によく読まれた記事をダイジェスト&編集後記を交えてご紹介いたします。見逃した方、もう一度読みたい方はぜひご参照ください。以下、アクセスの多かった順に紹介いたします。





■【1位】「買ってはいけない」or「ぜひ狙いたい」人気車最安グレードベスト5 & ワースト5

200万〜450万円と、同一車種なのに2倍以上の価格差があるケースもよくあるのが新車グレード構成。

なかには「注目を集めるために無理やり安く設定したグレード」(いわゆる「見せグレード」)もあって、そのいっぽうでもちろん「これで充分」という最安グレードもあるわけです。本企画では、そんな最安グレードのベスト5とワースト5をご紹介。

ズラッと並べてみると、おおっと思う人気車もあり、土曜日の記事アップ(通常はウィークデイよりアクセスが少ない)だというのにあれよあれよという間に人気記事へ。新車購入前にぜひチェックしておくべき記事となりました。ぜひ参考にしてみてください。

現在大ヒット中のトヨタC-HRの最安グレードもランクイン。さて「ベスト」と「ワースト」どちらに入った??

>> 続きはこちら

■【2位】新型シビックのセダンとハッチバックの見分けがつない問題!? こだわり派へ向けた徹底分析

キッカケは単純な話。先般紹介した「新型シビックは「あの頃のシビック」なのか!? 7月登場の新型シビック試乗」という記事に、SNSで「セダンとハッチバックの見分けがつかん」というリプライをいただいたことでした。

あらためて試乗会の写真を見返してみると、なるほど確かにまぎらわしい。

ほかの車ならまだスルーできるけど、これが「シビック」というハッチバックとセダン、それぞれに伝統と根強いファンを持つ車種であれば話は別。

キッチリと見分け方の解説記事を作ったところ、こちらもすぐに人気記事に。

なんだよ、みんな「見分けつかねえ」って思ってたんかい。

2017年7月発売予定の新型シビック、そのメディア試乗会のレポートで「見分けがつかん」とのコメントが。そ、そうなん??

>> 続きはこちら

■【3位】日本メディアがあまり伝えない、佐藤琢磨選手と復興支援の深い繋がり

5月28日(日本時間では5月29日)に入ってきたビッグニュース、佐藤琢磨選手のインディ500総合優勝。自動車メディアは先週前半、各紙そのおめでたいニュースで埋まったわけですが、本誌はそこからちょっと距離を置いて、佐藤選手が長年続けてきた東日本大震災復興支援活動を中心にレポート。

「この勝利が、まだ震災の影響が残っている日本に、いいニュースとなってくれるといいですね」という佐藤選手の優勝コメントの背景をお伝えしました。

こういう記事がたくさんの人に読まれると、報じたほうも大変すがすがしい気持ちになりました。

記事化のためにあらためて佐藤選手の足跡を辿ると、本当に立派なアスリートであると再認識。本当に本当に、おめでとうございます。インディ500という世界三大レースのひとつの、アジア人初、日本人初優勝が佐藤琢磨選手であったことを、一車好きとして誇らしく思います。

2011年の東日本大震災発生直後から支援団体を立ち上げ、地道な支援を続けてきた佐藤選手。これを機会に多くの方が、佐藤選手の活動と復興支援に関心を持っていただければと思います。 佐藤選手の復興支援団体「With you Japan」 http://www.withyoujapan.org/ja/

>> 続きはこちら

※佐藤琢磨選手の関連記事、【5分でわかる】 佐藤琢磨 インディ500 日本人初優勝の“凄さ”もぜひご参照ください