【取り締まりの疑問】オービスは悪天候時の臨時速度規制にも対応しているのか?

雨など速度規制が出されている時、オービスはその規制速度に対応した取り締まりをおこなっているのか? 制限速度が下がったら、そのぶんオービスが光る(撮影される)速度も下がるの?? 規制時も通常時と変わらないような速度で自分の隣を車が通り過ぎていく、そんな場面を見かけるケースは少なくないが……。

文:編集部/写真:編集部
ベストカー2017年6月26日号





速度規制が出される状況・速度は明確に定義されている

高速道路で速度規制が出されるのは、【表】のような、豪雨や強風、霧などによる視界不良などの場合。

冬期であれば降雪、路面凍結なども速度規制の対象となる。また、地震発生時にも震度に応じた規制がかけられる。このほか、工事や交通事故による車線の規制などでも速度規制がかけられる場合がある。

【表】高速道路の速度規制の基準。※あくまでも基準の一例を示したものです

速度規制は設定区間も緻密

この速度規制を実施するのは当該区域を管轄する警察(一般的には高速道路警察隊=高速隊)。状況に応じて速度規制を実施することとなっている。

東名高速などの高速自動車国道の場合、法定速度は100km/hとされていて、速度規制が実施されると遠隔操作により「80」であるとか「50」といった具合に規制速度が表示される(※通常、速度規制のない区間では制限速度表示器には何も表示されていない)仕組みとなっている。

この速度表示器は1から1.5km程度ごとに設置されていて、速度規制は緻密に区間を設定して実施されている。

写真は圏央道の埼玉県内区間。この表示が「80」とか「50」に変更されて規制速度が表示される

この規制区間にオービスが設置されている場合、規制速度に応じてオービスが作動するのだろうか!?

次ページ:警察庁の回答とオービス稼働の“実態”は?