『1日70件超の落下物捌く』 首都高 パトロール隊に潜入!! 【道路を支えるプロの仕事】

日々我々が走っている道路には、その裏で安全を支えている仕事が多くある。東京の大都会を駆け巡る首都高を支える仕事人に迫る本企画。第一弾は首都高パトロール隊員を密着取材。

文/写真:WEB編集部


巡回車ランドクルーザーに秘密あり

晴れ渡った5月下旬のある日、筆者は東京都足立区にある首都高の『加平基地』に赴いた。

この『加平基地』、簡単に言うと首都高三郷線の加平出入口の真横にある。第一印象は「こんな所にパトロール隊の発着基地があるのか」という感じだ。

こちらがパトロール車両のランクル。加平基地は、首都高本線から一般道に向かう加平出入口のループ橋の中に設けられている

「おはようございます!」。いかにも体育会系といった感じで挨拶をしてくれたのは、首都高パトロール株式会社の交通業務員、堀将広さん(副班長=メイン写真左)、小川俊介さん(メイン写真右)のふたりだ。

そんなふたりの“パトロール業務”に欠かせないのが、こちらの黄色いランドクルーザー。「この車両を首都高で見た」という方も多いはず。

かつては一部に日産サファリなども使用されたというが、現在は全パトロール車両にランドクルーザーが採用されているという。その秘部は車内にあった。

左上から時計回りに、多様な情報を扱うモニター。事故時などに後方車両に注意を促す起伏式表示装置。サイレン、赤色灯などを操作するインパネ周りのスイッチ

写真(左上)のように、助手席側の足もとには一台のモニターが設置されている。

「交通管制室からの無線で、事故や故障車、落下物などの連絡を受け、一般車両へ車線情報や落下物回収中などの細かな情報を選択できるようになっています」

モニターから目線を右上に動かすと、インパネ上部には何やら見慣れぬボタン類が! こちらは、緊急時に使うサイレンや灯火類を操作するボタンの数々(写真左下)。落下物や事故が発生した際は、これらのボタン類で赤色灯を点灯させ、サイレンを鳴らしながら緊急走行で現場へ直行するのだ。

そして、事故発生時などはルーフ上に起伏式表示装置を立ち上げ、後方車両に注意喚起(写真右)。ちなみにこの車両は、最新式のLEDタイプを搭載している。

パトロール隊の1日はこうなっている!!

さて、パトロール隊はどんなスケジュールで1日の業務を行っているのか? この【表】がそのスケジュールである。

【表】首都高パトロール隊の1日

このスケジュールは午前中のものだが、午後も基本的な巡回ルートは同じ。

午前の勤務終了(11:30)後、昼食等を挟み、13:30から午後の勤務が開始。大きなトラブルがなければ16:30にはふたたび基地に戻る。

日勤勤務はパトロール前後の朝礼、夕礼、車両点検、引き継ぎ等も含めて8:45〜17:15まで。夜勤は16:30〜9:30までで、日勤・夜勤をシフトで回していく。基本的には昼夜それぞれこうした勤務時間で動くが、そういかない時もあるのだという。

次ページ:大雪で12時間パトロール、落とし物は1日70件以上!?