【パンクの疑問と対処法】パンクが起きたら、その時どうする

タイヤの進化や補修キットの普及もあり、『パンクを起こして路上でタイヤ交換』といった光景を見る機会はめっきり減った。「長らくパンクには遭遇していない」、「パンク修理はしたことがない」。そんな方も多いハズ。ある“実例”を交えながら、パンクの疑問を解消しよう!

文:WEB編集部/写真:編集部、shutterstock.com





大抵のパンクは気づかない

とある取材後のこと。いつものように洗車をしにガソリンスタンド(GS)に向かうと、店員さんから「タイヤ、パンクしてますよ」とひと言。タイヤに釘が刺さっていたのが、その原因だった。

指定空気圧2.3kg/cm2のところ、GS到着時点でパンクした左リアタイヤの空気圧は0.8kg/cm2まで低下していた。それでも、スタンドの店員に指摘されるまでパンクには気づかなかった。

釘やネジを踏んでパンクといったケースは多い。軽傷で留まることも多いが、気づかず放っておくと大変なことに!

自転車でパンクを起こした場合、明らかにペダルが重くなったり、路面からの振動を拾うなど、比較的パンクに気づきやすい。ところが、車の場合そうはいかない。

自動車評論家の鈴木直也氏は、自身の経験を交えながらこう語る。

「以前、四輪のうち一輪の内圧を0.5程度まで落とし、どこのタイヤがパンクしたかを指摘するテストを行ったけれど、少しステアリングを左右に振ってようやくわかるぐらい。空気がほぼすべて抜けていたとしても、一般道を60km/h程度で走っている状態だと、一般のドライバーがパンクに気づくのは難しい」

では、どこまでの状況になると、“ようやく”パンクに気づくことができるのか?

「一般のドライバーなら、『ゴトゴト』とか『ガタガタ』といった異音で、パンクに気づく場合が多いでしょう」

異音が発生しているということは、恐らくタイヤに残された空気はごく僅か。パンクに気づいた時には、その症状はかなり進行している可能性が高い。

次ページ:タイヤメーカーが考えるパンクの対処法は?