なるか王者復活! 新型ハリアー全車セーフティセンス装備&2Lターボ搭載

アグレッシブかつ洗練されたデザインをまとった3代目ハリアーが登場したのは2013年末。そのデビューから約3年半、3代目(現行)ハリアー初のビッグマイナーチェンジが、2017年6月8日に発表された。ここではそんな新生ハリアーをじっくりたっぷり紹介したい。

文:ベストカー編集部 写真:トヨタ

ベストカー2017年7月10日号(さらなる詳細は現在発売中の本誌でぜひ)


■直噴2Lターボ搭載で鋭い走りを実現

より都会的となった外観にも注目が集まるが、今回のマイチェンの一番のトピックは、なんといっても2L直噴ターボ搭載車の追加。

専用フロントアッパーグリル、専用フロントロアグリル、専用デザイン18インチアルミホイールなど、外観でも差別化されるターボグレード

これまで3代目ハリアーには、151㎰/19.7㎏mを発生する直4、NA2Lと、システム出力=197㎰を発生する直4、2.5Lエンジンベースのハイブリッドが用意されていたが、今回追加された2Lターボは、231㎰/35.7㎏mという出力を発生する。

同エンジンを搭載するレクサスNXと比較すると、最高出力では若干劣るものの、より軽量な車体のおかげか、加速力では勝るという話もあり、さらに前後にパフォーマンスダンパーを装備するというから、その走りはかなり期待できそうだ。

■安全装備も充実してさらに磨きをかけた!

今回のマイチェンでのもうひとつの大きなトピックは、安全・先進装備の充実だ。シフトレバー操作と連動して自動的に作動と解除を行える「電動パーキングブレーキ」、渋滞や信号待ちで便利な「ブレーキホールド」機能も注目に値するが、やはり一番の目玉は、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」の全車標準装備だろう。

プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付)、ステアリング制御付レーンデパーチャーアラート、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールといった機能を内包する、トヨタセーフティセンスPの標準装備化は、ハリアーが持つ、都会的でスタイリッシュなイメージとも符合するものであり、多くのユーザーに歓迎されるはず。

TコネクトSDナビシステムのディスプレイ拡大(9.2インチ化)など、快適装備にも手が入った改良型ハリアー。ミドルサイズSUVカテゴリーにおいて、再び大きな存在感を発揮することになりそうだ。