運転1時間のうち22分は赤信号で停止??? 日本の切ない信号事情とストレス

日産が作製して公式ウェブサイトで公開しているオリジナルムービー「信号大国ニッポン」が、大変示唆深く、見てるとなんだか切なくなると話題になっている。

さっそく映像を紹介しつつ、信号とストップ&ゴーについて考えてみたい。

文:ベストカーWeb編集部


■日本全国の信号機の数は20万7738機

日本は道路交通網が発達しており、人口密度の比率に対して自家用車の保有率も高い。そういう事情もあってか、いわゆる「信号密度」は世界最高クラスと言われている。

今回日産が公開したオリジナルムービーは、そんな日本の信号事情を調査しつつ、独自映像でわかりやすく紹介している。

【信号大国ニッポン】

映像にあった主なレポートは以下。

◎日本全国の信号機総数は207.738機(警察庁「都道府県別交通信号機ストック数」平成27年度末時点/歩行者用灯器含む)

◎1平方kmあたりで比較すると、密度は世界最高ランク(イギリスの5倍、アメリカの16倍/それぞれ道路総延長で割り出して比較)

◎信号機が多い都道府県は、東京、愛知、北海道(警察庁「都道府県別交通信号機ストック数」平成27年度末時点/映像本編では9位の兵庫まで掲載)

◎都市部でクルマが進む速度は「ランニング並み」(国土交通省「道路交通センサス」によると、都市部一般道の車両平均時速は約15〜17km)

◎実際に東京を走行すると「1時間のうち22分は赤信号で停止」(独自調査)

大都市圏が中心だが、神奈川(人口は2位)が信号機数7位だったのは意外。ただし多ければ多いで、少なければ少ないで問題があるのが信号機の難しいところ