アクア新型登場! クロスオーバーSUV設置&燃費向上で再びトップ奪取へ!

2011年12月の発売以来、ほぼ常に販売台数のトップグループを走り続けてきたトヨタ・アクア。登場から5年半を迎え、この6月19日に2度目(2014年12月以来)となるマイチェンを実施した。ここではその変更点とポイントを紹介したい。

文:ベストカーWeb編集部 写真:トヨタ





■クロスオーバーSUVグレードを新設定

2016年の年間販売台数はプリウスに次ぐ2位(軽自動車除く)を獲得。2017年に入ってからも、1月は7位、2月は4位、3月3位、4月5位、5月5位と常にトップグループに位置している超売れ筋車、トヨタ・アクア。

そのアクアがこの6月19日、デビュー5年半でビッグマイチェンを実施した。

「Crossover」は206万2700円(JC08モード燃費34.4km/L)

なんといっても注目したい変更点は、「Crossover」というグレードの新設定だろう。従来型に設定されていた「X-URBAN」という(なんとなくSUVっぽい)グレードを廃止し、専用グリルやルーフモール、16インチ専用アルミ、フェンダーアーチモールなどを装備し、「クロスオーバーSUVらしさ」を前面に押し出したグレードとして登場した。

世界的なクロスオーバーSUVブームを受けて、トヨタもそこに満を持してコンパクトクラスを投入してきた、ということだろう。

もうひとつのトピックスが、エンジンの改良やハイブリッドシステムの制御を見直したことによる燃費アップ。ベースグレードの「L」はついにクラストップのJC08モード燃費38.0km/Lに到達(従来型は37.0km/L)。「S」、「G」、「Crossover」も34.4km/Lに達している(同じく従来型は33.8km/Lだった)。

38.0km/Lというと確かに強烈な数字なのだが、いっぽうで現行プリウスは40.8km/L(ともにJC08モード燃費)。ここらへん、おそらく見かけ上の数値ではなく実用燃費で勝負を仕掛けているのだろうから、デビュー後の燃費テスト結果に期待したい。

こちらは中間グレードの「S」で価格は206万2800円