教習車の条件と車種、知ってますか? アクセラ、グレイスに輸入車まで…多彩な車種と専用装備

公道で、人生で一番最初にステアリングを握る車といえば『教習車』だろう。ひと昔前まで数車種しかなかった教習車は、今では輸入車も登場するなどかなりバラエティ豊か。そんな教習車には、実は必要な条件や装備が細かく決められているのだ。

文:ベストカー編集部/写真:MAZDA、HONDA、TOYOTA、SUBARU
ベストカー2017年6月10日号


ワゴンでもOK!? 教習車の条件

普通自動車免許の場合、技能試験、技能検定に使う車両に関しての条件は、道交法に定められている。その条件を要約すると……

・乗車定員5人以上の普通自動車
・全長4400mm以上
・全幅1690mm以上
・ホイールベース2500mm以上及びトレッド1300mm以上

この基準さえ満たしていれば、車種に関する決まりはなく、セダンでなくてもワゴンでも教習車に選ぶことができる。ただし、教習車として必要な専用装備(補助ブレーキなど)を備える必要がある。それゆえ以下で紹介するような『教習車仕様』の設定がある車種を採用するケースが多いのだ。

貴方の最初の車はどれ? 定番教習車4モデル

■マツダ アクセラ

2015年時点で日本の教習車の約1/3を占め、トップシェアを握るのがアクセラ教習車。マツダでは2004年からアクセラベースの教習車生産を開始。今では最も“定番”の車種となっている。

【SPEC】■全長4610×全幅1795×全高1455㎜/ホイールベース:2700㎜/車両重量:1210㎏(5MT)/エンジン:直4 DOHC 1598cc/最高出力・最大トルク:105ps・14.6㎏m

■ホンダ グレイス

グレイス教習車は2015年7月に発売された教習車界のニューカマー。トランスミッションは、CVTに加え、一般ユーザー向けには存在しない5MTもラインアップしている。価格は179万円。

【SPEC】■全長4480×全幅1695×全高1475mm/ホイールベース:2600mm/車両重量:1080kg(5MT)/エンジン:直4 DOHC 1496cc/最高出力・最大トルク:132ps・15.8kgm

■トヨタ コンフォート

教習車の超定番車種といえば、タクシーでもお馴染みのコンフォート。1995年の発売から一時生産中止期間を挟みつつ2017年まで販売が続けられてきた。……が、なんとこの5月に生産中止に。今後は見られる機会も減少してしまいそう。

【SPEC】■全長4590×全幅1695×全高1515mm/ホイールベース:2680mm/エンジン:直4 DOHC 1998cc/最高出力・最大トルク:140ps・19.0kgm(LPG仕様もあり)

■スバル インプレッサG4

スバルはインプレッサのセダン車G4の教習車を生産。先代の教習車は見かける機会も多いが、現行型へのモデルチェンジはあるか!?

【SPEC】■全長4585×全幅1740×全高1465mm/ホイールベース:2645mm/車両重量:1260kg(5MT)/エンジン:水平対向4気筒1599cc/最高出力・最大トルク:115ps・15.1㎏m

次ページ:輸入車の教習車は? 教習車の専用装備は?