新車価格88万円のツインが13年落ちで56万円!? ちょっとプレミア価格の中古車7選

とある中古車店の前を通りすがった時、56万円の2003年式のスズキ ツインを目撃した。該当グレードの新車価格は88万円。13年落ちの中古車としては異例の高値だ。スカイラインGT-RやA80スープラのように、新車価格を大幅に上回る超プレミア中古車ではなくとも、ツインのように意外な高価格中古車はほかにもある。そんなちょっとプレミアな中古車7モデルを厳選してお届けしよう。

文:ベストカー編集部/写真:編集部、TOYOTA、NISSAN、SUBARU


ノーマル状態の中古車は新車価格に匹敵するツイン

まず企画の発端になったツインはどうかというと、やはり「高いものは高い」。エアロを付けたり、後付けターボを装着した個体などは90万円近くするものもある。

ノーマル状態で最も高い中古車では2004年式、1.1万km走行の「ガソリンBカラーパッケージ」で81万8000円という個体を発見。安いものでは20万円を切るものもあったりするので、程度によって価格差は相当大きいといえる。

「今、ツインのようなクルマは新車にないので中古車需要は確実にありますね。入庫するとすぐに売れるクルマです。セカンドカー需要が多く、周囲に狭い道路しかない住環境のお客さんが目立ちます」

「若い世代ではなく、小さい車が欲しいという中高年の方が主力で、走行距離が少なくて程度のいい60万〜70万円台のモデルが人気です」

(兵庫県のスズキ販売店)

趣味性の高さより、小さいクルマが必要という理由で売れているもよう。タマ数が少ないので「ビミョーなプレミア価格」になっているようだ。

■SUZUKI ツイン ノーマル状態最高値(中古車)/81万8000円(走行1.1万km)

グレード:2004年式ガソリンB(新車時価格90万7000円)

RX-8最終仕様は新車価格を上回る中古車出現!!

続いて注目したのはRX-8の最終限定車「スピリットR」。絶版になる寸前の限定車というのは中古車になっても値落ちが少ないものだが、調べてみると予想どおり。

ノーマル状態で最も高いものでは2012年式、775km走行で398万円という個体があった(同車の新車価格は325万円)。

「RX-8はスピリットRだけが高値。それ以外との差は相当大きいですね。多走行車が入ってくることはめったになく、8000〜9000km走行で300万円くらいが平均的な相場です」(横浜市のスポーツカー専門店)

■MAZDA RX-8 スピリットR ノーマル状態最高値(中古車)/398万円(走行775km)

グレード:2012年式スピリットR(新車時価格334万3000円)

次ページ:今はなきSUV、国産ホットハッチもちょいプレミア!!