このド派手顔、どう思う?? 新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアに見る「勝利の方程式」

2017年7月3日、トヨタの人気ミニバン、ヴォクシー/ノア/エスクァイアがマイナーチェンジを実施した。久しぶりに見るこの3台のフロントマスクにびっくりした方も多いだろうが、本記事ではこの新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアの変更内容とそれぞれの特徴をお伝えします。

文:ベストカーWeb編集部





■安全装備、ハイブリッド、ド派手顔の三拍子

多くの読者はご承知かと思うが、復習のためにトヨタの2Lクラス(&1.8L+モーターのハイブリッド)ミニバン3兄弟の特徴を改めて書いておくと、

ヴォクシー=ネッツ店取り扱い車種=月販目標5000台=スポーツ志向
ノア=カローラ店取り扱い車種=月販目標台数2700台=ファミリー志向
エスクァイア=トヨタ店&トヨペット店取り扱い車種=月販目標台数2300台=上級志向

このようなキャラクター分けがされている。

上記を踏まえたうえで、それぞれのフロントマスクを見ると「ああなるほど、やりたいことはわかるな」と思っていただけるのではないだろうか。

こちらは三兄弟の中では一番販売台数の多いヴォクシー。ZS (ハイブリッド車)(イナズマスパーキングブラックガラスフレーク) 〈オプション装着車〉

さておき、今回のマイチェンで変更が加わったのは、以下の点となる。

◎薄型LEDヘッドライトや押し出しの強いフロントグリルにより、それぞれの個性を際立たせたエクステリアデザインに変更
◎収納やテーブル、USB電源など使い勝手のいい室内装備を充実
◎操縦安定性と乗り心地、静粛性を向上
◎エスクァイアに最上級パッケージを新設定

このトヨタヴォクシー/ノア/エスクァイア、現行型が登場したのは2014年1月(ハイブリッド車は2月)。発売以来、ライバルである日産セレナ、ホンダステップワゴンに差をつけて、このクラスの販売をリード。

これは「ファミリー志向」のノア。Si (ハイブリッド車)(ホワイトパールクリスタルシャイン) 〈オプション装着車〉

一時期、「プロパイロット」を装備した日産セレナに追い抜かれるも、3兄弟合わせての販売台数では依然大きな存在感を持っていた。

そこへたたみ込むように今回のマイナーチェンジである。

先進安全装備の充実(衝突回避支援パッケージ「セーフティセンスC」の装備)、ハイブリッドグレードの設定という、ただでさえ高い商品力に加えて、「荒々しい目立つフロントマスク」をさらに高めてきたヴォクシー/ノア/エスクァイア。このクラスのミニバンにおける「勝利の方程式」が見えているようだ。

なお価格は249万6969円〜335万8800円なり。

これが上級志向のエスクァイアで、今回追加された最上級グレード。Gi“Premium Package” (ハイブリッド車)(スパークリングブラックパールクリスタルシャイン)〈オプション装着車〉