FF市販車最速はシビックか!? メガーヌか!? ゴルフか!?!? 目指せニュルブルクリンク最速「肝はパワーじゃない!!」

かつてはF1も開催された世界屈指の難コース、ニュルブルクリンク。現代では、日産 GT-Rなど市販車開発の舞台としても知られ、ニュルにおける『市販車最速ラップタイム』が、ひとつの称号にもなってきた。そうしたなかで2017年4月、新型のシビックタイプRがニュルFF最速タイムを記録。今、『市販車最速』ではなく『FF最速』がにわかに熱気を帯びているのはなぜなのか!?

文:鈴木直也/写真:Honda、Renault、VW
ベストカー2017年7月26日号





GT-Rやポルシェが挑戦!! 「FF」ではなかったニュル最速争い

量産車でニュルのタイムを競いはじめたのは、たぶんR33 スカイラインGT-Rあたりがハシリだと思う。

サーキットで速いのはレーシングカーに決まってるんだから、最初は「何をバカなことを……」とも思ったが、2008年にR35 GT-Rが7分29秒3を叩き出したあたりから、世間の注目度がにわかにアップ。

日産 GT-Rはデビュー翌年の2008年に、ニュルで7分29秒3というタイムをマークした後、2015年にはGT-R NISMOで7分08秒68までタイムを縮めている

プライドを刺激された地元のポルシェが挑戦に応じたのをはじめ、スーパーカーが続々参戦。スポーツカーに関していえば、いまや世界中のメーカーがニュルのタイムを気にしている。

ここで興味深いのは、ニュルというコースの特殊性が大きかったためか、単なるレーシング仕様の開発競争にならなかったこと。

自然発生的に、ナンバー付き市販車、レーシングタイヤ不可、といったローカルルールが定着。いまやロードカーのダイナミック性能を測る指標として、世界中で広く知られるようになった。

次ページ:「FF最速」のきっかけと最新ニュル最速ラップタイムランキングは?