【いつ出るの? どうなるの?】新型ヴェルファイア/アルファード 知ってる情報全部放出

トヨタのハイエンドミニバン、ヴェルファイア/アルファードの最新情報をお届けします。いまや「最も【いつか乗りたい】と思わせるミニバン」ともいえる2車種、はたしていつ、どのような方向に進化するのか。ベストカースクープ班に、現時点で入っている情報を整理していただきました。
文:ベストカーWeb編集部





■まずは今年10〜11月に実施するマイチェン情報

現在トヨタ各ディーラーではトヨタ本社より新型車予定情報を通告されており(ヴェルファイアはネッツ店、アルファードはトヨペット店)、ヴェルファイア/アルファードは今期中(すなわちどんなに遅くとも来年3月まで)にマイチェンを実施する、と説明されているという。

各店舗の責任者クラスによると、東京モーターショー(10月25日〜11月5日)にはこのマイチェン後の新型が出展され、予約販売も開始されると見込んでいる。

マイチェン内容は内外装の変更、使い勝手の向上、先進安全技術パッケージ「トヨタセーフティセンスP」の装備など多岐にわたる。

ポイントは「V6、3.5L仕様が直4、2Lターボに切り替え」が実施されるかどうか。トヨタは国内市場においてV6エンジンを直4+ダウンサイジングターボ仕様への切り替えを進めており、次期クラウンもV6エンジン搭載車は存在しない。

アルファードも現在V6エンジンモデルを用意しているが、これが今回のマイチェンで直4+ターボに切り替わるかどうかが、ひとつの見所となる。

こちらは現行型のヴェルファイア。アルファードと並び、最も人気の高いミニバンとなっている

アルファード/ヴェルファイアの内装。飛行機のファーストクラスを思わせるキャプテンシート。友人が乗っているが、「一度これにすると他の車に乗り換えられない」とのこと。マジか

■いっぽうフルモデルチェンジの見込みはどうか?

現行型のヴェルファイア/アルファードは2015年1月に登場している。現在まで特別仕様車の設定はあったが、目立ったマイナーチェンジは実施しておらず(なのでタイミングとしては、今年11月から来年1月にずれ込む可能性もある)、先代型は6年半作っていたことを考えると、早くともフルモデルチェンジは2021年頃となる見込みだ。

新型ヴェルファイアの予想CG

ただトヨタ社内では「東京モーターショーにコンセプトモデルを出品する」という声もあり、もし登場すれば同ショーの目玉車のひとつとなるだろう。

基本的にはキープコンセプトとなるが、パワートレインは新型カムリに搭載されている直4、2.5Lエンジン+モーターのハイブリッドで、将来的にはPHVの展開も視野に入っている。

ぜひ出品してほしいが、はたして……?? 東京モーターショー出品車に関しては、情報が入り次第当サイトでお伝えしていきたい。

こちらは新型アルファード。昨今流行りのビッググリルを付けることは間違いない