地味だけど売れてる、メディアにあまり取り上げられないけどいい車5選

堅調に売れているのに、自動車雑誌やウェブサイトに取り上げられないクルマがある。理由は話題性が乏しいからだ。デザイン、走行性能、機能や装備に特徴のあるクルマは、読者諸兄の関心も高いから積極的に取り上げるが、そうでない車種は発売から時間を経過すると扱いにくくなる。
ただしこの中には優れた商品も多い。いろいろな機能が平均して優れ、個性は乏しくても飽きずに長く使えるからだ。
例えばデザインに個性を持たせると、話題性が高まる半面、後方視界や取りまわし性が悪化したりする。機能が平均的に優れたクルマには偏りがなく、だからこそ話題にならなくても売れ行きは堅調だ。
クルマを選ぶ時は、雑誌やウェブサイトを参考にすることが多いが、これらの平凡な良いクルマは見落とされやすい。そこで改めて取り上げる。
文:渡辺陽一郎 写真:池之平昌信、TOYOTA、SUZUKI、HONDA





■トヨタ・ヴィッツ 2017年8月の月販台数 5380台

まずはヴィッツ。発売から7年近くを経過するが、今でもトヨタのコンパクトカーでは中心的な存在だ。1.3Fは1000kgの軽いボディと1.3Lエンジンの組み合わせで加速力に余裕があり、JC08モード燃費は25km/Lに達する。収納設備も豊富だ。

ライバル車のフィットに比べると後席の居住性、積載性、安全装備は見劣りするが、走りと低燃費では注目される。チューニングされたGRシリーズの選択肢が豊富なことも、クルマ好きのユーザーには魅力だろう。

■トヨタ・パッソ 2017年8月の月販台数 3236台

同じトヨタのコンパクトカーでは、パッソも話題になりにくいが、取りまわし性が抜群で売れ行きも堅調だ。全長は3650mm、全幅は1665mmだから小型車の中でも最小サイズになり、最小回転半径は4.6mに収まるから軽自動車と同等になる。しかもサイドウインドーの下端を低めに抑えた水平基調のボディは、前後左右ともに視界が良い。「日本で一番車庫入れのしやすい小型車」となった。

先代型に比べるとホイールベース(前輪と後輪の間隔)を拡大して後席の足元空間を75mm広げたから、全長が短い割に4名で乗車しても窮屈ではない。短距離移動が中心ならばファミリーカーとしても使える。

■スズキ・ソリオ 2017年8月の月販台数 3688台

空間効率を徹底的に追求した車種としてはソリオに注目したい。全長は3710mmと短く、全幅は1625mmだからパッソも下まわって小型車では最も狭い。最小回転半径は4.8mに収まる。

その一方で全高は1700mmを上まわり、車内はコンパクトカーの中でも特に広い部類に属する。後席には165mmの前後スライド機能が備わり、後端まで寄せると、頭上に加えて足元空間も広く確保できる。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ4つ分。この余裕はレクサスLSのロングボディに迫り(握りコブシ4つ半)、後席に座って足をゆったりと伸ばせる。

後席の背もたれを前方に倒すと座面も連動して下がり、フラットで広い荷室になるから、自転車のような大きな荷物も積める。後席側のドアはスライド式で乗降性も良い。

エンジンは直列4気筒の1.2Lで、ノーマルタイプ/マイルドハイブリッド/フルハイブリッドの3種類を用意した。予算と走行距離に応じて選べる。デュアルカメラブレーキサポートも用意され、2個のカメラをセンサーとして使い、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させる。コンパクトなボディに高機能を凝縮させた。

■トヨタ・ルーミー 2017年8月の月販台数 5416台

ソリオのライバル車となるルーミー/タンク/ジャスティも実用的だ。ボディはコンパクトで背が高く、ソリオと同様に空間効率が優れているから後席にも快適に乗車できる。

荷室の床を反転させると汚れ防止のシートになって自転車などを積みやすい。カップホルダーは回転式で、細身のボトルから500mlの紙パックまで幅広く収まる。インパネ中央の下側にも大型のボックスが備わり、脱着式だからゴミ箱としても使いやすい。ソリオに比べると、積載機能と収納設備を充実させたことが特徴だ。

■ホンダ・ヴェゼル 2017年8月の月販台数 4519台

SUVではヴェゼルが挙げられる。最近は話題にならないが、13年12月に発売され、2014年から2016年にかけて3年連続でSUVの販売ナンバーワンになった。2017年に入るとC-HRに抜かれたが、SUVでは今でも2位にランクされる。

全長は4295mm(RSは4305mm)で最小回転半径は5.3mだから、全幅がワイドな3ナンバー車になるもののSUVでは運転がしやすい。

燃料タンクを前席の下に搭載したから荷室の床が低く、コンパクトなSUVでありながら後席を畳むと大容量の荷室になる。ホイールベースが2610mmと長いために後席の足元空間にはミドルサイズSUV並みの余裕があり、運転のしやすさと相まってファミリーカーとして快適に使える。先ごろ改良を受けてホンダセンシングが採用され、緊急自動ブレーキの性能を大幅に向上させた。

その上で価格は1.5Lのノーマルエンジンを積んだXホンダセンシング4WDが233万6000円だから、エクストレイル、フォレスター、C-HRなどに比べて40万円ほど安い。CX-3の2Lガソリンエンジン車と比べても25万円ほど下まわる。

ここで取り上げた5車種は、いずれも実用性が優れ、価格は割安な設定だ。いわゆるコストパフォーマンスも大切な魅力になっている。