安全!! 楽しい!! 伝説の地を自分のクルマで走る!! NAPAC走行会ってどんな走行会?

せっかくスポーツカーを買ったのになかなかその性能を発揮できない……。そう思うユーザーも多いはず。そこで出番となるのがサーキットでの走行会。でもいきなりサーキット走行するのは不安だったり、走行枠の合間になにをすべきか、なんて心配事もたくさんあるのでは? そんな敷居の高そうなサーキット走行会を、安全に楽しく演出してくれる走行会があります。10月4日(水)に富士スピードウェイで開催された「NAPAC(ナパック)走行会」を、ベストカーWeb特派員がレポートしよう!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:塩川雅人





■走行前の“居残り座学レッスン”で初心者も安心

ベストカーアンバサダーとしてお声がけをして、今回NAPAC走行会を走ってくれたのはベストカーの熱烈な読者のFさん。愛車はNBロードスターで運転もクルマも大好きな30代の好青年だ。優しい奥さまの支えもあって、ロードスターにロールバーを入れるなどサーキット走行への準備もしている。

実は以前、筑波サーキットでの走行経験はあるものの、富士スピードウェイは初めて。しかも人生2回目ということで心臓バクバクでパドックに登場。サーキットは何十回も走っている担当も、初心を思いだしておりました。

NAPAC走行会は2時間コース3万9000円(早割3万6000円)、1時間コース2万1000円(早割1万9000円)の走行会。スーパーGTなどもおこなわれるアジア屈指のサーキットを自分の愛車で思いっきり走れるならお買い得だ。

そんなFさん、受付を済ますとさっそくドライバーズ・ミーティングに参加。「ドラミ」なんて言われるこのミーティングは走行するドライバーは絶対参加の大事なもの。当日は錚々たるプロドライバーからコースの注意事項、走行時のフラッグの意味などを説明を受けました。Fさんの聞き入る姿は真剣その物。

走行会の参加者は全体的に初心者が多めだったが、NAPAC走行会のいいところは初心者への思いやりがとってもアツいところ。全体へのミーティングが終わった後には、なんとスーパーGTやスーパー耐久で活躍する名ドライバーが初心者対象に「居残り座学レッスン」をしてくれる。特に当日は雨上がりの難しいコンディションだったが、山田英二選手や谷口信輝選手のアドバイスで不安は払拭できたようだ!! Fさんはストレートエンドの「距離看板」でのブレーキングが参考になったとのこと。

「ドラミ」が終わったらゼッケンを貼り、各部の点検を済ませていよいよコースイン!! 全長1.5kmのストレートをFさんはいかに走り抜けるのか!! 見ているこちらもドキドキの走行会が始まりました。

GTドライバー谷口信輝選手は走行会の楽しさを伝えるとともに、フラッグを確認することなど、最低限のルールを守ることを説明。モータースポーツのルール無視はアクシデントに繋がるだけに真剣だ

ターザン山田こと、山田英二選手はフラッグ説明や初心者講習会を担当。意外にも(失礼!!)、丁寧な解説と安心感溢れる口調で初心者の参加者もリラックス

初心者向けの「居残り座学」の様子。これだけの人数のために、S耐やGTなどで活躍するドライバー3人が15分ほど解説をしてくれる

■広いサーキットで安全に楽しく走った!!

ドキドキのままFさんがコースイン!! 先導はスーパーGT、GT300でランキングトップの谷口信輝選手。レコードラインを丁寧に走る谷口選手の先導で富士スピードウェイを学べるなんて、実はものすごく贅沢!! 先導走行1周が終わった後は、各々のペースで走行開始。

Fさんはところどころスリッピーな路面の感触を確かめながらペースアップ。性格が出るもので慎重に走るFさん。「速く走れ、といわれないので凄く楽しかった」と後ほどFさんが述べていました。ロードスターの軽快な走りをしっかりと楽しめたよう。無事に事故もなく戻ってきたFさんは愛車を愛でながら、いろいろと今後のチューニングについても画策をしていたようだった。

また走行の合間にはお楽しみの同乗走行も。今回Fさんは「セントラル20」代表で「Zの柳田/雨の柳田」としても有名な元レーシングドライバー、柳田春人さん(ご子息は柳田真孝選手)の助手席で富士スピードウェイを走った。マシンはGT-R NISMO。600psを発揮するマシンだからストレートでは200km/hなんて朝飯前。コーナリングもハイテク4WDでグイグイ走るし、ちょい濡れの路面では「雨の柳田」をフルに味わう最高のシチュエーション。

GT-R NISMOを降りてきたFさんがひと言。「こんなクルマ市販していいのか、少し考え込みました!! それくらい超弩級のマシンですね。もちろん柳田さんのテクニックで安心して乗っていられました。なんだか子どもが父親におんぶしてもらっている感じでした」とのこと。羨ましいなぁ……。もちろん今回だけ特別な同乗走行をしてもらったわけではなく、走行会参加者ならば先着順で同乗走行のチャンスがある!! もちろん参加費は無料だからすんごくお得。

最初は非常に丁寧に走るFさん。スリップもしてしまったそうだが、NAPAC走行会は「安全に楽しく」がモットー。決して無理しないのが一番だ

周回を重ねてペースを上げるFさん。だんだんと路面も乾いてきた

同乗走行では柳田春人氏とGT-R NISMOを体験。その超次元的なスピードに感動していた

■アフターパーツの相談もできる、ビッグなプレゼントもある!!

このNAPAC走行会が持っている他の走行会にない特徴が豊富な出展ブース。主催がNAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)ということで、会員社23社以上の出展ブースではさまざまな有名ブランドが集結している。今回FさんはバケットシートのBRIDE(ブリッド)、マフラーのFUJITSUBO(フジツボ)で説明を受けたぞ!!

まずはBRIDEではシートの交換がコンパクトな車内の影響で難しいNBロードスターについて聞いてみた。Fさんはサーキット走行時に横Gに耐えきれず、膝をドアトリムに擦るような姿勢で乗っていたとのこと。これでは安全性にも少し不安が残る。実際に並べられたサンプルのシートや、デモカーに座ってみてそれぞれのシートの違いを実感していたぞ!! 専門店ではなかなか開発したスタッフの説明は聞けないから、NAPAC走行会でのひと時はとても充実したものになるはず。

FUJITSUBOブースではマフラーの種類などを聞いていたFさん。NBロードスター用のマフラーの値段なども聞きつつ、最新の86/BRZでのテール部の処理など込み入った説明も聞けたようだった。音量アップだけではなく、音質についても徹底的に研究しているFUJITSUBOの姿勢に感銘を受けた模様。純正部品が値上がりなどを受けて、アフターパーツに交換するユーザーが多いという話を聞いたFさんは、さっそくNBロードスターのマフラーをチェックしていた!!

楽しい時間はあっという間で、最後は大抽選会!! 抽選で豪華な賞品が当たるチャンスが参加者全員にあるのだ。先述したBRIDEのシートや、ヨコハマタイヤのタイヤ、BBSの非売品デッキチェアなど豪華賞品が目白押し。Fさんは残念ながら当選せず、でしたが豪華景品とは別にエンジンオイルやTシャツ等、参加者全員
がもれなくもらえるプレゼントもあります。Fさんも嬉しい商品を持ち帰りました!!

次回は来年の実施になりますがNAPAC走行会の情報はこちらから発信中!! お見のがしなく!!

シートの説明を聞いていたおじさんが実はBRIDEの高瀬嶺生社長(左)。熱心に感想を聞いてくる高瀬社長の姿勢に感動したとのこと

マフラーの老舗”FUJITSUBO”ではマフラーの構造や特徴などを聞いたFさん。購入の相談や、実際の装着した際の印象の違いなども開発スタッフに聞けるのもNAPAC走行会のメリット。右はFUJITSUBO取締役の藤壺政宏氏