【画像ギャラリー】安全に直結するので先延ばし厳禁!! タイヤ交換時期は見た目、走行距離&使用期間、走行フィールをトータルチェックして判断

1/見た目(キズ、ひび割れ、異物、変形、摩耗など)

記事に戻る|恐るべき価格破壊力で注目! 激安アジアタイヤを買ってはダメなのか

サイドウォール、トレッド面にキズがないか?
トレッド面などにひび割れはないか?
トレッド面に異物が突き刺さったりしていないか?
ホイールの変形やタイヤの大きなズレはないか?
スリップサインのチェック
スリップサインは三角マークのトレッド面の延長上

2/走行距離(新品から3万2000km走行が一般的目安)

交換目安は3万2000kmなので、タイヤを交換した距離は書き記しておく(5000kmで1mm摩耗すると換算)

3/使用期間(交換目安は4~5年)

タイヤの製造年はサイドウォールに刻印されている。この写真の場合は5014がそれで、2014年の50週目(11月頃)に製造されたタイヤ

4/走行フィール(異音、振動、ロードノイズなど)

いつもと違う異音、振動、ロードノイズをチェック
高速道路は速度が高いため、一般道よりも異音などに気づきやすい

記事に戻る|恐るべき価格破壊力で注目! 激安アジアタイヤを買ってはダメなのか

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ