【画像ギャラリー】第2世代は選ぶ楽しさアップ!アウディQ3&Q3スポーツバック


記事に戻る|着こなすライフスタイルSUVへ!アウディQ3&アウディQ3スポーツバックが登場

第2世代へと進化したアウディQ3。先代よりも逞しく質感の高さを意識したスタイルが与えられた
Q3のリヤスタイル。ひとまわり大きくなったが、日本でも扱いやすいサイズに留められている
新バリエーションとなったQ3スポーツバック。全高を抑え、クーペライクなルーフが与えられたのが特徴。
シャープさが協調されたQ3スポーツバックのリヤスタイル。SUVながら、スポーツカーを意識させるクロスオーバースタイルに仕上げられた
立体的なデザインのダッシュボードには、アウディSUVのアイコン、オクタゴンをモチーフに取り入れる。アウディのデジタルメーター「バーチャルコクピット」は全車標準に
全車にMMIナビゲーションがを標準化。さらにスマートフォンによるApple CarPlayとAndroid Autoの利用も可能だ(写真は本国仕様)
フロントシートは、標準シートとスポーツシートの2種類を用意(写真は本国仕様)
ホイールベースの拡大でゆとりが増した後席は、スライド機構も備える(写真はQ3)
ラゲッジスペースは、いずれも530Lを確保。最大容量は、Q3が1525L。Q3スポーツバックが1400Lとなる(写真はQ3)
クリーンディーゼル+4WDとなる「35 TDIクワトロ」用の2.0L4気筒DOHCクリーンディーゼルターボエンジン。最高出力150ps/最大トルク340Nmを発揮する
FFモデル「35 TFSI」用となる1.5L直列4気筒ターボガソリンエンジン。最高出力150ps/最大トルク250Nmを発揮する

記事に戻る|着こなすライフスタイルSUVへ!アウディQ3&アウディQ3スポーツバックが登場

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ