※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

モナコ公国アルベール 2 世大公が 最新の Artura をドライブ

配信元:PRTIMES

マクラーレン ・オートモーティブリミテッド アジア

・モナコ公国アルベール 2 世大公が、McLaren Artura でモナコ GP のオープニングを飾る
・マクラーレン史上初となる、シリーズ生産ハイパフォーマンス・ハイブリッド(HPH)スーパーカーのヨーロッパ本土初走行

 まったく新しいハイパフォーマンス・ハイブリッドスーパーカー、McLaren Artura が、先日開催されたモナコ GP でダイナミックなデビューを飾りました。オープニングラップで Artura をドライブし、観客を魅了したのは、モナコ公国アルベール 2 世大公です。

 特徴的なマクラーレン オレンジを纏った、最新の Artura がアルベール 2 世大公のために用意されました。大公はこれに乗り込むと、グランプリサーキットを走行し、次世代スーパーカーの加速力やパフ ォーマンスを披露し、観客を楽しませました。

 「2022 年モナコ GP のオープニングに、アルベール 2 世大公に McLaren Artura のステアリングを握っていただき、とても光栄に思います。この名誉あるレースは、60 年近くも前から、マクラーレンにとって特別な存在でした。まったく新しいハイパフォーマンス・ハイブリッドの Artura は、私たちのレースとロードカーの経験をすべて結集した次世代スーパーカーです。こうしてオーナーやファンの皆様にお披露目することができ、心躍る気持ちでいます」

マクラーレン・オートモーティブ、チーフ・マーケティング・オフィサー ガレス・ダンズモア

 すべてがまったく新しい Artura は、マクラーレンの超軽量エンジニアリングに支えられています。マクラーレンならではの特徴をすべて備え、そこに画期的な電動パワートレインによるさらに素早いスロットル・レスポンスと、低い排出量、純粋な EV モードでの走行能力を上乗せしました。

 また、新マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を採用した最初のモデルでもあります。そのおかげでクラス最高となる最低乾燥重量 1,395kg と、DIN 車両重量 1,489kg を達成することができました。

本リリースに関する高解像度画像は、以下マクラーレン・オートモーティブ メディアサイトよりダウンロードいただけます。
cars.mclaren.press

マクラーレン・オートモーティブについて :

 マクラーレン・オートモーティブは、ラグジュアリーで高性能なスーパーカーを開発している企業です。車両はすべて、イギリスのサリー州ウォーキングにあるマクラーレン プロダクション センター(MPC)において、手作業で組み立てられています。2010年に設立されたマクラーレン・オートモーティブは、マクラーレン・グループの主要機関です。

 GT、スーパーカー、モータースポーツ、アルティメットモデルの同社製品ポートフォリオは、世界40の市場で85を超える販売拠点を通じて販売されています。

 マクラーレンは、常に限界を押し広げ続けるパイオニアです。 1981年には、軽量で強力なカーボンファイバー製シャシーをマクラーレン MP4/1でF1に導入。

 その後1993年に、マクラーレン F1 ロードカーを設計・製造 以来、カーボンファイバーシャシーを用いない車両は販売していません。 アルティメット シリーズの一環として、マクラーレンは世界で初めて、ハイブリッドスーパーカー(マクラーレン P1 ™)を誕生させ、2018年には次のアルティメットカーがスピードテールとなることを発表しました。

 2019年、マクラーレンは600LT スパイダー、新型GT、サーキット専用のマクラーレン セナ GTRを発表。 その後、620Rとマクラーレン エルバ、翌年には765LTを発表しています。

 最近では、新型高性能ハイブリッドスーパーカーのマクラーレン アルトゥーラを発表。アルトゥーラは、マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を享受する最初の車両です。

 MCLAは、世界初の手法を用いて、英国シェフィールド地域のマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターで設計、開発、製造され、ブランドの輝く未来を牽引することになります。

 また、マクラーレン・オートモーティブは、それぞれの分野での境界も押し広げ、世界のリーディングカンパニーと協力しています。 そうした企業にはアクゾノーベル、アシャースト、デル・テクノロジーズ、ガルフ、ピレリ、リシャール・ミル、プラン・インターナショナル、トゥミなどが含まれます。

マクラーレン・グループについて :
 マクラーレン・グループは、ラグジュアリーなオートモーティブとテクノロジーにおける世界的リーダーであり、マクラーレン・オートモーティブ、マクラーレン・レーシングおよびマクラーレン・アプライドという3つのビジネスで構成されています。

オフィシャル ウェブサイト :https://cars.mclaren.com/jp-ja
オフィシャル フェイスブック:https://www.facebook.com/mclarenautomotivejpn/
オフィシャル インスタグラム:https://www.instagram.com/mclarenautojapan/
マクラーレン・オートモーティブ アジア 日本支社 オフィシャル ユーチューブ :
https://bit.ly/3l9AAxm
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
マクラーレン・オートモーティブ広報事務局
担当: 山内(コミュニオン)
Phone: 03-5468-5278 / Email: jp.press@mclaren.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000095758.html