※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

機械学習コアを内蔵した初の車載用MEMSモーション・センサを発表

配信元:PRTIMES

STマイクロエレクトロニクス

 STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、機械学習コアを内蔵した車載用MEMSモーション・センサ「ASM330LHHX」を発表しました。同製品は、スマート・ドライビングにおいて、より高度な自動運転の実現に貢献します。また、センサに内蔵された機械学習コアは、高速のリアルタイム応答および高度な機能を低消費電力で実現します。

 ASM330LHHXは、STのMEMS(微小電気機械システム:Micro-Electro-Mechanical Systems)技術を活用した車載用6軸MEMSモーション・センサで、3軸加速度センサおよび3軸ジャイロセンサを1パッケージ(2.5×3×0.83mm)に集積しています。車両の動きや姿勢を検出し、自動車の測位や電子制御によるスタビライゼーションといった機能に貢献します。

 ハードワイヤードの処理エンジンである機械学習コアは、センサ上で直接AIアルゴリズムを実行することで、イベント検出から自動車の応答までの遅延を極めて低く抑えます。これにより、アプリケーション・プロセッサやクラウド・ベースのAIと比較して、超低消費電力かつ最小限の演算能力で優れたリアルタイム性能を実現します。

 アプリケーション開発を簡略化する評価ボードや無償のソフトウェア・サンプル・ライブラリも提供されており、自動車の静止検出、姿勢・ヘディングの参照、高度推定、車両牽引検出(盗難防止)、衝突検出などの機能が含まれています。

 ASM330LHHXは、高性能モードおよび低消費電力モードの2つの動作モードを備えています。低消費電力モードは、テレマティクスや盗難防止システム、モーション・アクティベート機能、振動モニタリング / 補正といった常時オンのアプリケーションに最適で、加速度センサとジャイロセンサの両方を動作させた状態でも消費電力が800µA未満です。

 高性能モードは、高精度の測位、V2X(Vehicle-to-everything)通信、衝撃検出、衝突再現など、高精度かつ低遅延が要求されるアプリケーションに最適です。

 ASM330LHHXに集積された加速度センサおよびジャイロセンサには、STの実績あるMEMS製造プロセスが活用されており、アラン分散(AVAR)測定値が低く、優れた安定性と低ノイズを実現しています。また、広い動作温度範囲(-40°C~105°C)にわたり高精度を維持します。

 AEC-Q100規格に準拠したASM330LHHXは現在量産中で、14ピンのランド・グリッド・アレイ(LGA-14L)パッケージで提供されます。単価は、1000個購入時に約10.44ドルです。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。
( https://www.st.com/ja/mems-and-sensors/asm330lhhx.html?icmp=tt26709_gl_pron_may2022 )

STマイクロエレクトロニクスについて

 STは、約48,000名の従業員を擁し、包括的なサプライ・チェーンと最先端の製造設備を有する世界的な総合半導体メーカーです。約20万社を超えるお客様や数千社のパートナー企業と協力しながら、お客様のビジネス創出や持続可能な社会をサポートする半導体ソリューションの開発ならびにエコシステムの構築に取り組んでいます。

 STのテクノロジーは、スマート・モビリティ、電力エネルギー管理の効率化、IoT・コネクティビティの普及を可能にします。STは、2027年までのカーボン・ニュートラルの実現を目標にしています。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
アナログ・MEMS・センサ製品グループ
TEL : 03-5783-8250 FAX : 03-5783-8216

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001241.000001337.html