※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京に「キックプレート」エリアがオープン

配信元:PRTIMES

ポルシェジャパン株式会社

 ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 社長:ミヒャエル・キルシュ)は、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京(PEC東京)に施設内6つ目のモジュールとなる「キックプレート」を新たにオープンし、2022年6月1日(水)よりドライビングプログラムの予約受付を開始します。

 今回新設されたキックプレートは、埋設された油圧プレートの上を車両のリアアクスルが通過する瞬間に、センサーがプレートをランダムに左右へと動かし、強制的に車をスピン状態に持ち込みます。

 散水システムで滑りやすくなったコンクリート路面上で車両姿勢をコントロールするトレーニングを行うことで、水や雪、氷上でのスリップなど、突如として車の挙動が不安定になった状況下で迅速かつ的確な反応をするためのドライビングテクニックを学ぶことができます。

 また空気圧で駆動される障害物がキックプレート上の左側、中央、右側など、さまざまな場所に出現する状況をつくり出し、不意な飛び出しなどへの対処を学べると同時に、ポルシェの高い安全性を日常的に感じることのできる、ユニークなモジュールとなっています。

 同様の施設は日本においては希少であり、規模においても国内最大級で、センサーを使用したキックプレートの遠隔操作が可能な最新鋭のシステムとなります。

 キックプレートでのドライビング体験は、ポルシェドライビングコーチが助手席に付き自身で運転する90分間のドライビングプログラムにて体験することができ、21歳以上で免許をお持ちのお客様ならどなたでもお申込みが可能です。

 世界で9番目のポルシェ・エクスペリエンスセンターとして昨年10月にオープンしたPEC東京は、ポルシェのスポーツドライビングおよびブランド体験のための施設で、43ヘクタールの広さを誇ります。

 コースは、木更津市の地形と日本らしい風景を生かし、他にはない高いレベルで元の自然を活かすようレイアウトされています。

 今回のキックプレートエリアのオープンにより、PEC東京に設置の6つ全てのモジュールが完成し、より愉しいドライビング体験とポルシェブランドの世界観を体感できるようになっています。

【キックプレート体験可能プログラム】
● 90分間ドライビングプログラム
ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京、
ドライビングプログラムに関する詳細は下記URLよりご覧ください。
https://porsche-experiencecenter-tokyo.jp/programs

【施設概要】
名称:ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
住所:千葉県木更津市伊豆島中ノ台1148-1
敷地面積:43ha
開発面積:16.6ha
トラック:全長2.1km
公式サイトURL:https://porsche-experiencecenter-tokyo.jp/
ドライビングプログラム予約URL:https://porsche-experiencecenter-tokyo.jp/login
*プログラム予約には会員登録が必要です。

<お客様からのお問い合わせ先>
ポルシェジャパンについて
ポルシェコンタクト 0120-846-911 / HP http://www.porsche.com/japan/
PEC東京のドライビングプログラムについて
0120-718-911 受付時間9:00-18:00 (定休日を除く)/ HP https://porsche-experiencecenter-tokyo.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000033416.html