※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

『G’ZOX ハイモース コート ジ・エッジ』新発売

配信元:PRTIMES

株式会社ソフト99コーポレーション

 カーディテイリングプレミアムブランド「G’ZOX(ジーゾックス)」のブランド史上最高の品質を誇る2層構造ガラス系ボディコーティング「ハイモース コート」は、2009年に誕生、2019年には撥水と艶を追求した2タイプで新たに展開、その比類なき性能を日本国内だけに留まらず海外の施工店やお客様からも高く評価いただいておりますが、現状に甘んじることなく、G’ZOX最高峰の名にふさわしい極致の性能を求めて、日夜技術革新に取り組んでまいりました。

 このたび、株式会社ソフト99コーポレーション(代表取締役社長:田中 秀明)は、「ハイモース コート」より、トップ層に新開発の「高反応型シロキサン系トップコート」を採用することで、優れた滑り性を実現し、水が弾かれた瞬間に流れ落ちるような、先鋭の撥水性能を発揮する2層構造ガラス系ボディコーティング『G’ZOX ハイモース コート ジ・エッジ』を新発売いたします。

 

1. 滑り性に優れた、2層構造の「超撥水」ガラス状被膜

 ベース層には強力な架橋によって高いバリア性を発揮する「超高硬度ガラス系プライマーコート」を、トップ層には先鋭の撥水性能を発揮する「高反応型シロキサン系トップコート」を施工することで形成される、滑り性に優れた緻密で平滑なガラス状のコーティング被膜は、水が弾かれた瞬間に流れ落ちるような圧倒的なパフォーマンスを実現。汚れを寄せ付けず、長期間にわたって美しいボディを維持します。

2.膨大な回数の洗浄にも耐える、高い撥水耐久性能!

 コーティング被膜に最も過酷な条件の一つと言える、アルカリ性洗剤による数千回にも及ぶ洗浄テストでも『G’ZOX ハイモース コート ジ・エッジ』は従来品同様の高い接触角、従来品を凌駕する低い滑落角の極端な変化は認められず、安定した撥水性能を維持。

 また、温度・湿度変化に強く、高温や高湿度になっても被膜性能を維持し、撥水・防汚効果が長期間持続します。

3.長期間汚れを寄せ付けない耐汚染性能!

 『G’ZOX ハイモース コート ジ・エッジ』は、強靭なバリア性能と優れた滑り性能を合わせ持つことで、強力な防汚性能を発揮。ホコリ・汚れを寄せ付けず、また汚れても固着を防ぎ、水洗いだけで汚れを落とすことができます。

4.G’ZOX施工証明書電子化システムに対応

 『G’ZOX ハイモース コート ジ・エッジ』は、コーティング施工後の定期メンテナンス通知の自動化や保険適用への信頼性向上につながるG’ZOX独自の電子施工証明書が発行されます。ペーパーレス化・個人情報保護強化など社会の要請に応えながら、G’ZOXは消費者様、施工店様、保険会社様をはじめコーティング業界の活性化と発展に向け、より価値ある環境の提供をこれからも目指してまいります。

製品名:G’ZOX ハイモース コート ジ・エッジ
内容:ハイモース コート プライマー 80ml
   穴あき中栓 ×1個
   塗布用クロス(青) ×1個
   拭き上げクロス(白) ×1個
   ハイモース コート ジ・エッジ トップコート 60ml
   トンガリキャップ ×1個
   塗布用パッド ×1個
   塗布用クロス(緑) ×1枚
   拭き取りクロス(青) ×1枚
   仕上げクロス(白) ×1枚
発売日:2022年9月1日

■所在地:大阪市中央区谷町2-6-5
■設 立:昭和29年10月
■資本金:23億1005万円
■代表者:代表取締役社長 田中秀明
ご掲載用TEL 06-6942-2851
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000022812.html

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ