※配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、ベストカーWebが取材・執筆した記事ではありません。
お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

ニュルブルクリンクのレーストラック「ノルドシュライフェ」のデジタル化を支援

配信元:PRTIMES
ニュルブルクリンクのレーストラック「ノルドシュライフェ」のデジタル化を支援

 当社は、ドイツのサーキット運営会社であるNürburgring 1927 GmbH & Co. KG(注1)(以下 ニュルブルクリンク)におけるレースの安全対策に、AI技術を活用する包括的な支援を行っています。その第一弾として、世界最長で、多数のカーブを持つ難易度の高い同社の常設レーストラック「ノルドシュライフェ」に、AI技術を活用した安全対策強化に向けたシステムの実証実験を2022年に実施し、このたび2023年1月より本導入を開始します。

 実証実験では、レーストラックの内、2.8キロメートルの区間に8台のHD(ハイビジョン)カメラを光ファイバーケーブルで接続するとともに、AI機能を搭載したシームレスなシステムを構築しました。これにより、HDカメラからの映像をAIがリアルタイムで監視および判断し、レーストラック上のLEDディスプレイを介して即座に危険をドライバーに警告できるようになるため、ほかの車両や人との接触事故などを未然に防止することが可能になります。

 ニュルブルクリンクは、2025年のグランプリレースシーズンまでに本システムの実運用開始を目指しており、当社は、本実証実験による有効性検証を踏まえて、今後2年間で「ノルドシュライフェ」のレーストラック全域に追加のHDカメラ100台の増設とAI機能の強化を行い、「ノルドシュライフェ」の約21キロメートルの監視による安全対策を支援していきます。



 (画像1(左))「ノルドシュライフェ」のコースにおけるAIによる車両などの識別映像

(画像2(右))AIによる対象種別ごとの可視化

【 背景 】

 現在、ニュルブルクリンクのレーストラックでは、レースの安全を守るスタッフであるトラック・マーシャルたちが旗を振ることやラジオ放送を活用することで、ドライバーに危険の警告や事故発生を伝えていますが、救助が来るまでに時間を要し、ときにはコースが閉鎖されレースに大きな影響が生じるなどの課題がありました。ニュルブルクリンクと当社は、カメラやAIを搭載したICTの活用により、レーストラックの異常を自動検出し、ドライバーに即座に危険を警告できる基盤を整備することで、安全対策の強化を目指しています。

【 当社のシステム概要 】

 当社は、ニュルブルクリンクのニーズに対応するため、レーストラック上の車両や人物を識別するAI画像認識機能(画像1)をシステムに搭載し、レーストラック、砂利、芝生の表面、ガードレール、安全柵などをリアルタイムに判別可能(画像2)としました。例えば、レーストラックでの事故、コースへの人の侵入、車両の立ち往生、低速車両などの発生をカメラが捉えると、その情報を受信したAIが安全上の問題発生を識別し、レーストラック上のライトやLEDディスプレイに警告を表示します。また、今後の適用拡大を見据え、モジュール設計を採用した拡張性の高いシステムを実現しました。

【 ニュルブルクリンク CEOs, Christian StephaniとIngo Böderのコメント 】

 世界的に有名な「ノルドシュライフェ」の未来の安全性に備えた基盤を整備する本プロジェクトは我々にとって非常に重要であり、ニュルブルクリンク100年の歴史の中で最も大規模なイノベーションの一つです。本プロジェクトにおいて、AI は最良の解決策だと考えます。なぜなら、これほど多くのカメラからの画像をリアルタイムに監視、判断し、適切な行動を取ることは人の力だけでは実現できないからです。富士通は、必要な専門知識と適切なソリューションを提供するだけでなく、この歴史的なレーストラックへの情熱を共有する重要なビジネスパートナーです。

【 Fujitsu Services GmbH, Head of Digital Transformation Unit DACH, Jörn Nitschmannのコメント 】

 本ソリューションは、レーストラックへの適用だけではなく、自動車産業のデジタル化とイノベーションに貢献するもので、道路交通やそのほかのシーンにおける技術の適用の検討を進めています。

【 商標について 】

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【 注釈 】

注1 Nürburgring 1927 GmbH & Co. KG:
本社:Nürburgring、 CEOs: Christian Stephani, and Ingo Böder

【 当社のSDGsへの貢献について 】



 2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)は、世界全体が2030年までに達成すべき共通の目標です。当社のパーパス(存在意義)である「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」は、SDGsへの貢献を約束するものです。

≪本件に関するお問い合わせ先≫
富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話:0120-933-200
受付時間:9:00~12:00および13:00~17:30(土・日・祝日・富士通指定の休業日を除く)
お問い合わせフォーム:https://contactline.jp.fujitsu.com/customform/csque04802/873532/

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

 

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000093942.html

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

株式会社 PR TIMES

所在地

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ