【特集 関西の方向幕 第3回】特化した運行で関西の移動を支える 金剛自動車、 西日本ジェイアールバス、 大阪空港交通、 関西空港交通:編

 一般路線バスのネットワークも全国トップクラスの大阪府だが、空港便や近・中距離高速路線の充実ぶりにも実力を発揮している。沿い周回となるこの第3回では、他地域からの来訪者にもわかりやすい工夫を見せる事業者4社の幕に注目。

文/写真:高木純一(バスマガジンvol.90より)


《金剛自動車》関西ではレアなオージ式を採用

金剛自動車はすべてが独特の事業者。方向幕が側面と共通している

 大阪南部富田林市に路線を持つ事業者で、小さい規模ながら地域に濃い路線網を敷いている。

 金剛自動車の方向幕は関西では珍しいオージ式を採用し、面白いことに前面と同じ幕を側面にも使っているとても珍しい事業者なので、小規模だがあえて取り上げてみた。

こう見ると一目で大きさが分かるが前面と同じ幕を側面で使うとこんなに大きくなる

 金剛自動車もほぼ黒インクのみで構成され、相互表示メインでローマ字なしのレイアウトだ。前面と側面共用なので前面のように単純すぎず、側面のように細かすぎず、といったちょうどいい文字量の幕だと感じられる。

《西日本ジェイアールバス》独自書体の社名表示コマがない

 大阪府内に一般路線は無いが、高速バスを多数運行し府内を拠点にしている西日本ジェイアールバスの高速バス方向幕は、青文字幕をメインにしており基本的には用途ごとの区分けは無い。

 ドリーム号用車両でも近距離高速路線が入っていたりする。S-light製の小型バーコード検知式表示機を採用しているのはジェイアールバス関東も同じだ。社名表示コマを独自書体で作っていないのはJRグループでここだけである。

《大阪空港交通》伝統の青ベタ幕に角文字書体を導入

大阪空港後交通の方向幕は青ベタ幕で下に向かって行き先が進んでいく。ローマ字だけが角文字だ

 阪急グループの一員で、大阪空港を中心にリムジンバスを運行する事業者である大阪空港交通の方向幕は昔から青ベタ幕で、「角文字」の書体を導入したのは府下では早かった。

 当時ローマ字併記幕を作った際にローマ字だけを角文字にし、それが漢字にも波及したが、さらにその後ローマ字にのみ角文字に戻った。

 側面幕は地区の停車順と共にホテルの停車順も併記される。S-light製のバーコード検知式表示機を採用している。

《関西空港交通》駒の切継ぎが多く痛々しく感じる

 南海グループの一員で、こちらはその名のごとく関西空港をメインにリムジンバスを運行する。開業当初から関西空港交通の方向幕はどの車両も「黒幕」を採用している。大阪空港交通とはレイアウトが似ているものの書体はどちらも丸文字だ。

関西空港交通の方向幕は黒ベタ幕だ。ローマ字併記が独特

 社名表示である「関西空港交通」のローマ字は「AirportLimousine」になっており、書き方が大阪空港交通とは異なっているので、見比べてみると面白い。

 S-light製バーコード検知式表示機を採用するが大阪空港交通より切継ぎが多く、コマの途中を切って新しいコマを継ぐため、ファンとしては痛々しく感じる。

【特集関西の方向幕 第1回】大阪市交通局、高槻市交通部、京阪バス:編

【特集関西の方向幕 第2回】近鉄バス、阪急バスグループ、 南海バスグループ:編

最新号

ベストカー最新号

【EV大型バスで実験!?】越後交通グループに潜入!!|バスマガジン103号

 バスマガジン Vol.103が本日より発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス専門誌。  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、越後交通グループを特集。帰ってきた‼︎ 都道府県・地域別路線…