空港バスに少しでも安く乗りたい!! こっまかいハナシで恐縮です その2【エアポートバスの話】

 東京の人に「茨城空港」というと、「ああ、そんな空港あるんだったよね」「飛行機飛んでんの?」「税金の無駄使いじゃない?」くらいの回答が戻ってくるのが関の山……だった。茨城空港を軽視してはいけない。とても経済的に使えるのだ!!

執筆/写真:谷川一巳(バスマガジンvol.81より)
※新型コロナ禍対策によるダイヤなどの変更もあります


ホテルは旅のプロが居る施設。そのフロントも有効活用しよう

茨城空港と東京駅を結ぶ関東鉄道の空港バスは航空券があれば半額以下の500円

 しかぁ~し、茨城空港は東京駅からもっとも「安く」行ける空港だということご存じだろうか。関東鉄道の東京~茨城空港間の運賃は1200円ながら、その日の予約済み航空券があれば500円となる。(編集注:2020年4月1日より大人料金1530円に改訂されました)

 空港利用促進のために県が補助をしているそうで、なんと東京駅からもっとも安く行ける空港といえば、羽田でも成田でもなく茨城空港だったりするのだ。

 地方空港では空港バスの往復券活用を見逃さないようにしたい。地方空港に到着し、バスの片道切符を買った後に、往復券を見つけたりすると旅行中ずっと沈んだ気になってしまう(そんなことでくよくよするなってか!?)。

札幌~新千歳空港間の空港バスは往復だと片道あたり975円

 多くの場合は2回の回数券方式で、片道2回でも、あるいは2人で片道でもOKというのがほとんどだ。有効期間もない。

 札幌~新千歳空港間はJR1070円に対し、北海道中央バスと北都交通の共同運行路線は1040円。「たった30円しか安くならないのか~」と思うが、往復なら1950円、片道あたり975円、「じゃ~、たまにはバスに乗ってみるか」となる。

 往復割引のそのまた割引に遭遇したこともある。2016年8月、石垣空港で東運輸の市内行きバスの往復1000円(片道は540円)を買おうとしたとき、競合相手のカリー観光バスの車体に貼ってある「往復 800円」の文字が目に飛び込んできた。

 ヤバイヤバイ、期間限定で800円に割引だったので、慌ててカリー観光バスに乗り換えた。

期間限定だったもののカリー観光バスの石垣空港行きは往復800円だった

 大分~大分空港間の大分交通は片道1550円、2回券2600円(1回あたり1300円)、4回券4100円(1回あたり1025円)で、私は4回券を利用している。ちなみに「ああ奥さんと2人で往復ね」ではない。

 1人片道だけど4回券だ。大分市内のビジネスホテルでは、フロントで空港行き切符を1030円で販売していることが多く、私は複数のホテルでこれを利用した。

 ホテルが4回券を購入してバラ売りしているのだ。1枚の利益はたった5円! 宿泊客へのサービスであるが、涙ぐましい。東京オリンピックで経済効果が何兆だか知らないが、これぞ庶民感覚である。

運転する予定がなくとも運転免許証も忘れずに携帯しよう

佐賀市営バスの路線バスは、ノーカーデーは運転免許証提示で半額に

 最後の話題は佐賀空港からだ。佐賀~佐賀空港間の空港バスは全国でも少ない公営バス(佐賀市営バス)の空港バスだ。

 運賃600円、2枚きっぷは1000円(1回あたり500円)だが、毎週水曜日は佐賀市のノーカーデーとなり、この日に限って路線バスは、運賃支払い時に運転免許証を見せると半額となり、空港線も例外ではなく、300円で乗れる。

 ただし、国内線接続の便のみで、国際線接続の便は対象とならないところが公営バスらしい。

 私はペーパードライバー歴30年以上のベテランを自負しているが、この300円乗車できたときほど運転免許証を持っていてよかったと思った瞬間はなく、その日1日気分がよかったものである。

空港バスに少しでも安く乗りたい!! その1へ

最新号

ベストカー最新号

【EV大型バスで実験!?】越後交通グループに潜入!!|バスマガジン103号

 バスマガジン Vol.103が本日より発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス専門誌。  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、越後交通グループを特集。帰ってきた‼︎ 都道府県・地域別路線…