【小江戸にEVバスデビュー!!】バス好きのための総合情報誌『バスマガジン Vol.102』

 バスマガジン Vol.102が本日より発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス専門誌。

 おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、ジェイアールバス東北を特集。帰ってきた‼︎ 都道府県・地域別路線バス全方位レポートでは、栃木県を徹底網羅する。


ジェイアールバス東北に潜入!!

おじゃまします! バス会社潜入レポートvol.102「ジェイアールバス東北」

 ジェイアールバス東北は国鉄東北地方自動車部の全域と信越地方自動車部の一部を引き継いで創業。現在は青森・岩手・福岡県内に一般路線を持つほか、仙台市営バスの受託運行も行う。

 高速バスは仙台を中心に東北各地から首都圏へ、仙台から新潟・金沢へも運行する。また、貸切バスは山形県を除く東北各県で営業している。

ジェイアールバス東北の魅力を5つのポイントで紹介

 会社概要、所有車両解説では伝えきれない同社の魅力を、(1)国鉄からの車両の変遷、(2)鉄道代行バス、(3)観光周遊バス「びゅうばす」運行、(4)長野県でも活躍した「はやぶさカラーバス」、(5)創業30周年を迎えた2018年に導入した安全運転訓練車の5つの切り口で、さらに詳しく紹介する。

日野セレガが主力となった高速車3列シートからトイレなしまで多彩な高速バスを紹介。

小江戸巡回バスにEVバスが登場!!

本誌でおなじみのオノエンジニアリングのEVバスが、小江戸こと川越にてデビュー

 首都圏からアクセスも抜群、埼玉県の観光スポットといえば川越[小江戸/蔵の街]だ。そのホットな観光ポイントを巡回するバスが毎日元気に運行されている。イーグルバスが運行する、その名も小江戸巡回バスだ。

 これまでも蔵づくりの家屋が軒を連ねる街並みによく似合うボンネットバスが運行され大人気だったが、このたび、オノエンジニアリングが製作したEVのボンネットバスがデビューした。

小江戸巡回バスは街に溶け込むように、後続の車を先に行かせながらスルすると運行。観光利用が圧倒的に多いという。

 今回取材したEVボンネットバスはゼロミッションを採用している。さらに、フェンダーやボンネットなどの外装と室内装備までをイーグルバスのオリジナルデザインで専用開発している。

書籍情報

バス好きのための総合情報誌 バスマガジン Vol.102
  • 雑誌名:バス好きのための総合情報誌 バスマガジン Vol.102
  • 講談社ビーシー/講談社刊
  • 発売日:2020年 7月 28日
  • 判型 :A4判
  • 定価 :1,600円(税別)

最新号

ベストカー最新号

【EV大型バスで実験!?】越後交通グループに潜入!!|バスマガジン103号

 バスマガジン Vol.103が本日より発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス専門誌。  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、越後交通グループを特集。帰ってきた‼︎ 都道府県・地域別路線…