【画像ギャラリー】青春時代に流行ったセピア色のデートカーたち


セリカXX、ST165セリカ、Z31フェアレディZ、R30スカイラインRSターボほか

元記事に戻る【ソアラ、プレリュード、S13シルビア……】デートカーとはなんだったのか? 復活はないのか?

初代ソアラ
初代ソアラのボディサイドにはTURBOやTwin cam24などのロゴが貼られていた
2代目ソアラもデートカーの最高峰の一台
2代目プレリュードXX
2代目プレリュードXX。もうプレリュードのような2ドアスペシャルティは登場しないかもしれない
2代目プレリュードのコクピット
助手席の背もたれを倒すレバーがなぜか運転席側にあったプレリュードのシート
DOHCエンジンを積んだ2代目プレリュード2.0Si
3代目プレリュードにモデルチェンジ。2代目より洗練されて高い人気を誇った
S110系シルビア。この代の後にあたるS12系シルビアの人気はパッとしなかった
S110系シルビアのリアスタイル
S110系シルビアのシート。この時代、どのスペシャルティカーもシートにこだわっていた
マイナーチェンジ後のZ31フェアレディZR
スカイラインRSインタークーラーターボC RS-X。この時代最も人気が高かったスペシャルティだった
S13系シルビア。CMコピーは「アートフォース・シルビア」
S13シルビア
S13シルビアやプレリュードと並び人気の高かったセリカXX
映画『私をスキーに連れてって』で人気に火が付いたST165セリカGT-FOUR

元記事に戻る【ソアラ、プレリュード、S13シルビア……】デートカーとはなんだったのか? 復活はないのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ