(画像ギャラリー)ドイツ eハイウェイ実験の様子

■電車とトラックのいいとこ取りなeハイウェイ

【これトラック? 電車!??】激変する物流の姿 ドイツ最新電動技術に仰天」の記事に戻る

eハイウェイ実験の様子。アウトバーンの1車線を実験車線にしているが専用車線というわけではない
90km/hの最高速度で走ることができるeハイウェイ。架線のある区間を電力供給を受けて走る。架線がない区間は従来の内燃機関を駆使して走るハイブリッドだ
パンタグラフのシュー(架線と接する摺動板)は横に長く、パンタグラフの基台も電車用のものを横にふたつ並べた形になっている。架線からパンタグラフが離れてしまう可能性も低くなる
コストを考えると手放しに称賛もできないのがこのeハイウェイ。鉄道と同じで架線もすり減ることは間違いなく、今後はコストとメリットを天秤にかけることになる
当然ながら既存のトラックをパンタグラフ仕様に改造する事は非常に難しく、今後このeハイウェイのシステムが採用されるとなった場合は、専用のトラックを購入する必要が出てきそうだ
架線を支える電柱(架線柱という)をアウトバーンの側面に設置する作業も実施された。送電網の監視については路面電車と同じくらいの体制が敷かれている
現在は実験中だがこれが実用化されれば、アウトバーンの右車線(日本でいう一番左の車線)はきっとトラック専用になるだろう

【これトラック? 電車!??】激変する物流の姿 ドイツ最新電動技術に仰天」の記事に戻る

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ