マグナイト、BR-V…売ってないけど日本に適した海外専売車5選


■インドで販売のスズキ エスプレッソはクオリティ面で厳しいか?

インドで販売されるスズキ エスプレッソ。国内での販売はハスラーと社内競合する可能性があるため可能性は薄い

 インドで販売されるエスプレッソは、日本の軽自動車を拡大したような全長3565mm×全幅1520mm×全高1549mmというボディサイズを持つコンパクトクロスオーバーである。

 パワートレーンはガソリンとCNG(圧縮天然ガス)にも対応する1L3気筒NAエンジン+5速MTとAMTを搭載。赤、青、オレンジといった原色系のボディカラーなど、明るい雰囲気を持つ点も魅力だ。

 エスプレッソのインドでの価格は最上級グレードでも49万9000ルピー(約70万円)と安いが、最上級グレードでも後席のパワーウインドウが着かないなど、もし日本導入を考えた場合には相当手を加えないと日本人が満足できるクオリティは確保できないだろう。

 また、日本では軽自動車が非常に強いこともあり、スズキ社内でハスラーと競合する可能性も高い。

 しかしハスラーに近いクオリティで、ハスラーより安い価格で販売できれば、スイフトが軽自動車ベースだった頃の激安特別仕様車のように「クロスオーバーは乗り降りが楽だから」などの理由で、軽自動車を敬遠するユーザー向けに商売になるくらいの販売は期待できるかもしれない。

【画像ギャラリー】ヨーロッパ、インド、東南アジア……日本でも売れそうな?海外専売車を写真でチェック!!