「生産終了宣言」したら売れそうなクルマ


 3月12日にホンダは、S660の’22年3月での生産終了と、最後の特別仕様車『モデューロX バージョンZ』の発売を発表した。しかし、3月30日にホームページに受注終了の文字が……。わずか3週間弱で1年分の受注が入ったことになる。このように普段はあまり販売が芳しくなくても、生産終了宣言をしたら、販売が激増したケースは多々ある。
 そこで左上の条件に当てはめて、現行モデルで生産終了宣言すると売れそうなクルマについて見ていく。

※ベストカー2021年5月26日号より転載

【画像ギャラリー】“生産終了宣言しても……”なクルマも含め計20枚を公開!!


【生産終了宣言で効果を発揮する条件】
(1)マニアックで希少性がある
(2)将来的に価値が出てきそう
(3)伝統や思い入れが強いクルマである
(4)次期モデルが存在しない
(5)ほかにない個性を持っている
(6)今後登場する可能性が低い

ホンダS660は3月12日に’22年3月で生産終了することを発表。同時に最後の特別仕様車としてモデューロX バージョンZが発表されたが、バージョンZだけでなくすべてのカタログモデルの生産枠が2週間弱で埋まり完売

■コペンは先代モデルで「生産終了宣言後即完売」

’14年6月にデビューした現行の2代目ダイハツコペンはローブ(左2)、エクスプレイ(右1)、セロ(左1)の順に発売し、GRスポーツ(右2)を追加。この豊富なバリーションを讃えたい

 売れそうなクルマ筆頭は、S660と同じ軽オープンのダイハツコペン。

 というか、このコペン、先代モデルで、生産終了宣言後即完売というのを経験ずみ。

 ダイハツは’12年4月に8月いっぱいで生産終了を発表すると同時に、最後の特別仕様車として10周年記念車の10thアニバーサリーエディションを発売開始。このモデルが約2週間で生産枠がいっぱいとなり、完売したという経緯があるのだ。

 現行はローブ、エクスプレイ、セロの3タイプ+GRスポーツというラインナップだが、1モデルずつ生産終了宣言をして、注目度をキープしつつ、次期モデルの開発を進めていただきたいものだ。

■“サプライズ”の要素も重要だ

ホンダN-ONEが生産終了宣言すると特に6MTモデルの需要が高まるのは必至。なくなる前に買うべし

 生産終了で成功するカギはサプライズも重要だ。そういう意味では、デビューしたばかりのホンダN-ОNEが、6MTの生産を終了します、と発表すれば、S660亡き後、軽唯一の6MT(コペンは5MT)が引く手あまたになるハズ。BCとしては、N-ОNEに消えてほしいのではなく、第一希望は売れてくれること、第二希望は売れなくても長く作り続けてくれることであることを断っておく。

トヨタGRスープラは生産終了宣言すれば話題性抜群だが、輸入車扱いのため日本割り当てぶんは少なそう

 それからサプライズ組としてはスープラ。噂のGRMNを最後に生産終了!! となればバカ売れ間違いなし。ただ、現状でも日本割り当てぶんが少ないため、ファイナルモデルが瞬殺となるのは確定的。

次ページは : ■クラウン、スカイラインは日本の宝

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ