【ロードスター、N-BOX…】日産にはマネできないクルマたち


まとめ

 経営危機で、グローバルでの従業員数の約10%にあたる人数の人員削減をし、モデル数もグローバルで10%を削減すると発表している日産。

 筆者が日産に入社したときは、ゴーン元会長のもと、V字回復の真っただ中だった。

 今回もきっと持ち直してくれるという願いをこめて、時には厳しい意見もさせていただきながら、日産に関する記事を書き続けていきたいと思う。

 【画像ギャラリー】技術の日産によるクルマたち

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ