【スープラ、N-VAN、リーフ…】最近出てこないクルマのご機嫌伺い


■ベストカーのような庶民派雑誌はほっといて、我が道を歩んでほしい
ホンダ NSX(2018年10月25日MC車登場)

GT-Rニスモと並ぶ超高額スーパースポーツ。久しぶりに誌面に出したいが、ふさわしい企画がない……

●どんなクルマだ?
 2016年8月にデビューし、2018年10月に改良モデルを発表。V6、3.5Lツインターボにフロント1個、リア左右にそれぞれ1個の3モーターを組み合わせたハイブリッドモデルで、システム出力581ps/65.9kgmを誇る。価格は約2414万円。

●なぜ、あまり誌面に出てこなくなった?
 冒頭で述べた5つの理由のうち、[2]の「価格が高すぎてリアルに感じられない」が当てはまる。また、[3]の「メーカーに売る気があまりない」にも該当する。売る気がないというより、PRしたところで購入層にはかぎりがあり、欲しい人は広告を見ないでも買うし、買えない人は何を見たって買えない。

 ちなみに2019年10月の国内販売台数は「0台」の金字塔を打ち立てている。

●ご機嫌伺い
 NSXさんには我が道を歩んでもらうしかない。ベストカーのような庶民派雑誌など相手にせず、世界一を目指してほしい。


 繰り返しになるが、本当に勝手な言い分で申し訳ない。乗ると本当にいいクルマばかりだし、買って損なしの実力を持つモデルばかりです。

 これから当サイトも(記事にしてみてよくわかったので)、こういうモデルの動向をなるべく細かく報じるよう、目を凝らして耳をすましてがんばります。はい。

【画像ギャラリー】記事内で登場した「最近出てこないクルマたち」をもう一度!