【スタッドレスタイヤは乗らなくても4年が期限】 雪用タイヤの寿命と長持ちの秘訣は?


 通常の年であれば深雪に悩まされている季節だが、今年は暖冬の影響で雪不足が続いている。そんななか、首都圏の平野部でも1月27日の夜から雪が降った。

 雪国ではアスファルトの路面ばかりで、スタッドレスタイヤの本来の性能が発揮できず、その反面、首都圏ではスタッドレスタイヤが久しぶりに使える状況で急いではき替えた人も多いはず。また愛車のスタッドレスタイヤが使えるのか、寿命も気になるところだろう。

 ここで改めて、スタッドレスタイヤの寿命と長持ちさせる秘訣を解説していこう。

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部

【必見記事】最新のダンロップのスタッドレスは「効く」寿命も長いぞ!

【画像ギャラリー】都心で大雪!? 夏タイヤで雪道を走ると違反になる!?


愛車のスタッドレスタイヤが寿命かどうかチェックする方法

 スタッドレスタイヤは、冬季の雪道や凍結路面での安全性を確保するためには欠かせないクルマの装備品になった。

 新たにチェーン規制によってスタッドレスタイヤでも通行できないケースも出てきたが、スタッドレスを履いていれば、日本の冬道なら大抵のシーンを安心して走ることができる。

 スタッドレスタイヤは、夏タイヤと比べてカバーする領域が限定されている。ざっくりと言えば高速性能を犠牲にして、冬道の走行性能を高めているのだ。

 そのため真夏でも使えないことはないが、残り溝が深く残っている状態で通常の舗装路を走った時に雑な運転操作をすると、細かいサイプの変形量が大きくなりすぎてトレッドを傷めてしまう。

 したがって普通の舗装路を走る際には据え切りを控えたり、Uターン時の舵角や加速などには気を使ってやることが、本来の性能を長く維持することにつながる。

 スタッドレスタイヤを履いている間は、ドライの舗装路では夏タイヤよりゆっくり丁寧な運転を心がけよう。

 そしてプラットフォームと呼ばれる残り溝が50%になった際にトレッド表面に現れるサインが出るまでは冬用タイヤとして使い、50%以下となったらそのまま夏まで使用して使い切って廃棄するのが、スタッドレスタイヤの正しい使い方だ。

 法規的には残り溝1.6mmまでは使用できるので、サマータイヤとして使うことはできる。使用限界は通常のサマータイヤでおなじみの「スリップサイン」が露出するまでだ。

スタッドレスタイヤの寿命は4年!

スタッドレスタイヤの寿命は何シーズンくらいなのだろうか?

 スタッドレスタイヤを購入する際には、コストパフォーマンスが気になるだろうが、自分の目的に合った性能のタイヤを選ぶことが何よりも大事だ。

 氷上性能を特に重視したタイプや雪上と氷上をバランスさせたタイプ、SUV用など想定される路面と車格によって細分化が進みつつある。

 特にアジアンタイヤメーカーなど格安スタッドレスタイヤは、低温域でのゴムの柔軟性を確保するためにオイルを多く配合しているメーカーもある。

 これは新品時にはゴムを柔らかくしてくれるが、高速走行などで温度が上昇するとオイルが抜けていき硬化してしまう。

 しかし日本のタイヤメーカーのスタッドレスを研究して開発に活かしているので、3Dサイプなど高度な金型技術が必要な技術を採用しているスタッドレスも開発されてきた。新品時の性能はかなり向上している印象だが、メーカーによって品質にも差がある。

 一概に安物はダメと言い切ることはできないが、タイヤはクルマにとって一番大事なモノだけに、安心を含めて満足感の高い買い物をすることをお薦めする。

 ブリヂストンのスタッドレスタイヤは発泡ゴムを採用しているが、これはスポンジのように氷の表面にある水膜を吸い込んで除去できる上に、ゴム表面の微細なディンプルが氷に貼り付くようにグリップを引き出す効果がある。

 さらにスポンジのように素材本来のゴム硬度より柔軟にできるほか、ゴムが硬化してきてもしなやかさを失いにくいのも特徴だ。ゴムの劣化に対する耐久性はスタッドレスタイヤでは最も高いと言っていいだろう。

 横浜ゴムはエボ吸水ホワイトゲル、トーヨータイヤもクルミやオーガニックパウダーなどをトレッドゴムに練り込んでいるが、これはタイヤ表面で剥がれることにより、発泡ゴムと同じ吸水効果やエッジ効果を発揮する意味合いも大きい。

 ダンロップはこうした異素材を練り込まず、オイルではなくゴムと軟化剤を分子結合させることで、走行によってオイルが抜け出して硬化することを防いでいる。ゴムの比率が高い分、摩耗に強いのも特徴だ。

 国産タイヤメーカーのスタッドレスタイヤは、4年はスタッドレスとしての性能を維持すると言われており、そうした信頼性の高さと初期性能も高いのが特徴と言える。

次ページは : 溝があっても製造年月をチェックする習慣を心掛けるべし!