防御不可能!?!? 車両盗難の最新技術、噂の「リレーアタック」をそれでも防御せよ!!

最近、「リレーアタック」なる言葉がメディアでも大きく扱われ、注目されている。耳慣れない人もいるだろうが、ようはスマートキーをターゲットにした新手の窃盗方法だ。これ、いったいどんなものなのか、そしてその対策についてはどうしたらいいのか、本企画で詳しく追っていきたい。
文:ベストカー編集部、国沢光宏 写真:Shutterstock.com イラスト:大川清介
ベストカー2017年7月10日号



■車両盗難件数自体は減少傾向にある……が……


文:ベストカー編集部


「リレーアタック」の詳細に入る前にスマートキーの概要について簡単におさらいしておこう。

そもそもクルマのキーを鍵穴に差し込まずにリモコンでドアの開閉が可能なのがキーレスエントリーシステム。コスト面での負担が比較的少ないため、現在では軽やコンパクトなどに多く採用される。

かつてはキーそのものにドア開閉のリモコン機能(ON/OFFボタン)がついていて、エンジンの始動についてはそれまでと同じようにキーを差し込むタイプが主流だったのだが、現在の主流はスマートキー。鍵に実際に触れることなく、ドアの開閉を行うことができ、エンジンスタートができるタイプのものだ。もはや鍵穴がインパネにないクルマも多い。

このキーレスエントリー、1993年にシボレーコルベット(C4)が採用した「パッシブキーレスエントリーシステム」が最初だった。

メーカーによって「スマートエントリー&スタートシステム」(トヨタ)、「インテリジェントキーシステム」(日産)などと各々呼び方は違っている。

実際に自分が手に持っていなくても、ズボンのポケットや持っているカバンのなかにあっても使えるようになっていて、ドアノブに触れるだけのタイプや、クルマに近づいたり離れたりすると自動的に施錠と解錠が可能な種類のものもあったりする。

昨年生産された国内生産車は約570万台ぶんにスマートキーが導入されていたが、警察庁によると昨年の自動車盗難件数は約1万1600件で、ピークの頃よりも20%程度減った。盗難件数のうち7割は鍵をかけてあった状態で盗まれていたのだそう。

10年ほど前までは、専用キーでないとエンジンが始動できない電子照合式の盗難防止装置「イモビライザー」をねらった「イモビカッター」が話題になっていたが、スマートキーはそのイモビライザーとも連動したシステムになっている場合が多い。

で、新たにそのスマートキーをねらった窃盗方法が、今回クローズアップする「リレーアタック」だ。

■スマートキーの電波の有効範囲は約1m


スマートキーは車体に向けて微弱な電波であるLF(長波)、そして車体のほうからはスマートキーに向けてRF(高周波)と呼ばれる電波を発信する。これにより、車内電波が車外に漏れて、車内にあるスマートキーを車外にあると誤認しないようになっているという。

その電波の有効範囲は約1mで、スマートキーとクルマが各々の電波を受信することで電子的な暗号が合えばドアロックが解除され、車内のスタートボタンを押しただけでエンジンが始動できるようになる。そのシステムの高度性ゆえに盗難に強いとの評価がなされていた。

しかし、リレーアタックでは犯人グループのひとりがクルマから離れたドライバーに近づいていき、特殊な装置でそのドライバーの持つスマートキーの電波を受信する。その装置で増幅された電波を今度は犯人グループの別の人間に送信する。

こうやって電波をリレーしながらクルマに近づいていくことで、最終的にはドアロックは解除され、スタートボタンで始動可能となる。

この方法だと始動後に一度でもエンジンを切るともうそこから走行できなくなるが、発進後に正規のキー以外でエンジンがかからなくなることについても、犯人グループはなんらかの装置でこれを無効にしている(つまり一度始動してしまえばあとは何度でも始動可能にしている)可能性が高いという。


イラスト/大川清介


■わずか2000円程度で売買される「道具」


文:国沢光宏


ユーザーにとって便利なシステムというだけでなく、高度な暗号を使うため、これまで比較的車両盗難に強いと言われてきたスマートキーにもかかわらず、「リレーアタック」の手口の判明によって今後ますます防犯上の対策強化が求められるのは必至。

調べたところによると、リレーアタックは2014年に注意喚起されており、昨年もドイツのJAFに相当するADACが実証試験まで行い、自動車ユーザーに対して啓蒙活動を始めている。困ったことに、現時点ではリレーアタックを防ぐための対抗策は実用化されておらず、狙われたら相当な確率で盗難されてしまうのだという。

なぜ今まで表立った被害が出ていなかったかといえば、窃盗団が(理屈はわかっていても)リレーアタックの〝道具〟を作れなかったためらしい。しかし、中国でリレーアタックに使われる〝道具〟の実用化を確認したというレポートが、2017年4月10日よりオランダで開催された「HITB Sec Conf2017」(国際的なセキュリティに関する会議)で発表された。

驚くべきことにこの中国人窃盗団の〝道具〟、20ドル程度で売買され始めているという。

考えてみたら、かつてイモビカッターと呼ばれる、OBD2端子に差し込んでエンジン始動する〝道具〟の登場により、日本で中国人窃盗団の大規模車両盗難事案が発生した。リレーアタックも同じような状況になる可能性大。

■情報を出したがらないメーカー


困ったことに自動車メーカーはリレーアタックについての情報を出したがらない。実際に各社に問い合わせたところ、多くの自動車メーカーがノーコメントだった。警察もいまだ注意喚起しておらず。従ってスマートキーのクルマを持つオーナーからすれば、なんの情報もなく突如盗まれてしまう。もちろんクルマのなかのバッグを盗むことだって簡単だ。

また、都心に多い2階建てや3階建ての戸建て住宅で、玄関のすぐ前に駐車場があるようなケースも注意が必要。駐車場に近い1階の玄関付近にスマートキーを保管しているような場合、これも電波を傍受されてしまうからだ。

いずれにせよ、盗む側は情報をたくさん持っていて、盗まれる側がなんの情報もない状態が日本では続いている。それなのに被害に遭う側がメーカーに問い合わせたってなんの情報も出してくれない。無回答だったメーカーの広報担当者は、自分がユーザーだったらどうかと考えて欲しいと思う。ひと昔前ならこんな黒塗り文章みたいな対応などなかったのだが……。

■スマホの「電波漏れ防止ポーチ」がリレーアタック対策に有効??


ということで、現時点では私ら自動車ユーザーが自衛するしかないワケだが、リレーアタックに対する防止策はないのだろうか? 実はいくつかある。

まず、ひとつ目は多重のセキュリティを組むこと。10万円程度でスマートキーとは違うロジックのセキュリティを付けることができる。このシステムによってドアロックの施錠もエンジンの始動でもできなくなるから嬉しい。

ふたつ目はクルマで繁華街などに行く時にかぎり、スマホなど携帯電話を病院内に持ち込む際に使う「電波漏れ防止ポーチ」を活用する作戦だ。ネット通販ならば1000円以下で購入できる。クルマから降りたら、ポーチに入れておけばスマートキーからの微弱な電波漏れを防ぐことができる。


電波漏れ防止用のポーチ。これにスマートキーを入れておけば、「電波を盗まれる心配」はなくなる

また、同じようにスマートキーからの電波を遮断してしまう金属製の缶ケースのなかにスマートキーをしまうという手段もある。

あとは物理的にハンドルを動かせなくする盗難防止用のハンドルロックや、タイヤが動かせなくなるタイヤロックを装着する手もある。


■日本にはいつ入ってくるのか? もしかしてすでに……?


現状では被害は欧州が中心のようだが、リレーアタック盗難団が果たして日本にやってくることはあるのだろうか? もしかするとすでに被害が出ているかもしれない。今年の盗難事案報告、2018年にならないと出てこないので直近の状況はわからない。

幸い、先週中国に行った知人に「リレーアタックの道具を入手できたら(もちろん防犯のための研究用として)買ってきて欲しい」と依頼したところ、今のところはネットなどでは出回っていないという。参考までに、2013年の大規模車両窃盗事案は、中国で『イモビカッター』という窃盗道具が流通し始めた直後に発生している。

とはいえ前述のとおり、アムステルダムで行われた「HITB Sec Conf2017」のテーマになっており、技術的な難易度は低く、低コストで作れるという。時間の問題だと認識しておくべきだろう。

加えて日本の場合、リレーアタックで盗まれた車両についちゃ解体されて部品になってしまう可能性大。部品などお金にならないと思っている人も多いようだけれど、例えばLEDヘッドライトなど片側で10万円近い値がつく。アルミのボンネットや、高機能窓ガラスも高価。

値がつく部品を使っている車種だと、1台ぶんで300万円を超えることだって珍しくない。はたまた、日本でしか販売されていない車両も中古車として海外に持ち出されているが、中古部品の需要は大きい。ハイブリッド車のパワーユニットなど高値が付くという。

困ったことに車両が出てこないかぎり、どんな方法で盗まれたのかまったくわからない。そんなことから現時点でリレーアタックによる盗難事案は「報告がない」とされているようだ。対抗策については前述したが、とりあえず防御するしかないのが現状。

■「普通のキーレスエントリーに戻す」という手段もあるが


リレーアタックを防ぐためのスマートキーの開発も進んでいるという。参考までに書いておくと、スマートキーを作っているメーカーは世界で数社(日本だとデンソーやオムロンなど)。いずれも自動車メーカーと情報交換しながら盗難防止策を練っているらしく、そう遠くない将来、現在考えられるリレーアタックの中継器ではロック開閉やエンジン始動ができなくなる新型も出てくるようだ。それまでは「狙われたらオシマイ」という困った状況が続く。

ちなみに「スイッチを押さないと電波が出ないようにすればいい」みたいな意見も出るけれど、それだとふつうのキーレスエントリーと変わらない。加えて現在のスマートキーは、微弱電波を出すシステムを解除する設定がある(ディーラーでやってくれる)。

この設定を行うと、スマートキーでプッシュボタンを押すだけでエンジン始動となるのでリレーアタックから守ることができる。利便性という点で後退してしまい解決策にならないと思うけれど……。

もうひとつ。強く要望したいのは、警察と自動車メーカーがリレーアタックの可能性がある窃盗情報をキチンと出してくれること。どちらも積極的に動かないばかりか自動車メーカーなどを取材してもノーコメント。泥棒天国になってしまう。

スマートキーを使うクルマのオーナー全員がリレーアタックによる愛車の盗難危機にさらされていると言っても過言ではない。

■対応する保険商品は出ていない


文:ベストカー編集部


本企画を受けて、各保険会社に問い合わせてみたが、残念ながら今のところ、損害保険会社各社ではリレーアタックに特化したような保険商品は出していない(まだ被害が認知されていないのだから、当然といえば当然だが)。が、盗難補償のある任意保険に入り直すことによって泣き寝入りを防ぐことはできる。

やはり金額的には負担が増えてしまうのは避けられないが、愛車を盗まれてローンだけが残る……なんて万が一の事態に備えて検討してみるのもいいだろう。