最高ヤリスなら最安カローラより上? それとも… 安い車の最上級VS高い車の最安


クラウン【最安】VS カムリ【最上位】

■クラウン/469万5000円(2.0L B)
■カムリ/445万円(WS“レザーパッケージ”)

 私だったらクラウンのベーシックグレードを選ぶ。この2台、理屈中心で選ぶなら燃料代はクラウンのおおよそ半分、装備も完璧となるカムリのほうが賢いとは思う。

 しかし、カムリは「すごくいいクルマだけれど実用車の範疇」というのも否めないのに対し、クラウンは「日本では伝統ある存在で、わかりやすい高級車」という格式のような魅力は絶大だ。

 細かい点ではFR(=後輪駆動)で小回りが利くぶん取り回しもクラウンのほうがしやすく、さらに価格差が開くけれど、足りない安全装備はオプションで補えばクルマとしての満足度はクラウンの勝ちだ。

クラウンは469万5000円から最上級は714万5000円と価格帯の幅も広い

【文:永田恵一】

CX-8【最安】VS CX-5【最上級】

■CX-8/294万8000円(25S)
■CX-5/342万6500円(XD Lパッケージ)

 CX-8の威風堂々とした大型ボディに、実用的な3列シートの組み合わせは、SUVの多目的さを満喫できるだけでなく、ミニバン以外の多人数乗車を提案したことに、好感が持てる。

 しかし、CX-8を味わい尽くすなら、2.5L・NAよりも、ターボかディーゼルのほうを選びたい。

 一方で、同じ予算で、トルクフルなディーゼルと品のあるレザー内装が備わるCX-5は、最新マツダの美味しいところが凝縮される。さらに街中での取り回しにも優れる。

 3列にこだわらないなら、迷わずCX-5だ。

342万6500円のCX-5 XD Lパッケージ

【文:大音安弘】

【画像ギャラリー】全最安グレードVS最上級グレード 8番勝負 全車種の画像を見る

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ