パンク? 故障?? 不調のサインは五感で受け止めよ「クルマアラート」10選


■Alert09 アクセルを踏んで加速状態になるとエンジンから“チリチリチリ”と音がする

 ジワーっとアクセルペダルを踏み込んで加速していくと、エンジンルームからかすかに“チリチリチリ”とか“カリカリカリ”といった音が聞こえる。

 比較的高めのギアのまま、低い回転からキックダウンせずにアクセル開度が大きくなった時に聞こえる。

 これはエンジンの「ノッキング音」だ。最近のエンジンはノックセンサーが高精度で、薄めの混合比でなおかつ点火時期も早めるセッティングにして、効率重視。ノッキングギリギリの燃焼をコントロールしていて、運転条件によってはこのチリチリ音が出ることも少なくない。

 直ちにエンジンが壊れることはないけれど、なるべくこの音が発生しないような走らせ方をしよう。

チリチリ、カリカリといった「ノッキング音」に注意!

■Alert10 カランカランと金属音がする

 走っていて下回りから“カランカラン”といった金属音が聞こえるのなら、排気管の遮熱板が外れかけている時の音ってケースが多い。

 そのまま走り続けて落下させてしまえば、後続車の迷惑になる。また、排気管を車体に取り付けているゴムマウントが摩耗して、ぐらついている場合にも同様の音がする。いずれにしても下回りの点検だ。

 とまあ、クルマはトラブルの前兆にさまざまな音やニオイなどのアラートを発生するので見逃さないことだ。

クルマはさまざまな部品が組み合わされてできている。不調は音やニオイ、振動などで伝わってくるので見逃さないようにしたい

【画像ギャラリー】ドリル式でわかるクイックチェック!!! ギャラリー式クルマアラートQ&A!!!