ホンダ グレイスの軌跡が示すもの 希少な国産5ナンバーセダンの佳作!?【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はホンダ グレイス(2014-2020)をご紹介します。

【画像ギャラリー】ホンダの「優美なる」5ナンバーセダン!!! グレイスの画像をギャラリーでチェック!!!

文:伊達軍曹/写真:HONDA


■フィットベース、希少な日本のコンパクト4ドアセダン

 5ナンバーサイズのセダンでありながらアッパーミドルクラス並みの居住性を誇り、なおかつ見目麗しいフォルムと悪くない操安性、そしてカタログ値34.4km/Lという低燃費を誇った意欲作。

 だがジャンル自体の明らかな衰退にはあらがえず、あえなく1代限りで販売終了となったコンパクトセダン。それが、ホンダ グレイスです。

 2014年12月に発売されたホンダ グレイスは、アジア・オセアニア向けに販売されていた4代目シティの日本向けバージョン。

ボディ剛性で有利なセダンボディを持つことにより、フィットファミリーで最も高い乗り心地や静粛性といった品質を持ち合わせたグレイス

 ただ、アジア・オセアニア向けの4代目シティがガソリンまたはディーゼルエンジンを搭載しているのに対し、グレイスはハイブリッドです。

 具体的には1.5Lのアトキンソンサイクルエンジンに、モーターを内蔵した7速DCTを組み合わせた「SPORT HYBRID i-DCD」を採用しました。

 システム最高出力は137psで、SPORT HYBRID i-DCDは走行状況に応じて3つの走行モードの中から最も効率のいいモードを自動的に選択。

1モーターシステムでありながらEV発進を可能にしたハイブリッドシステム 「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」を搭載

 その結果、冒頭で記したように34.4km/Lという良好な燃費性能を発揮しました(※FFのハイブリッドDXとハイブリッドLXの場合)。

 プラットフォームは先代フィットと共通ですが、ホイールベースを70mm延長することで、後席の足元スペースは1クラス上の「シビック」を上回り、2クラス上のアコード ハイブリッドに迫るスペースが確保されています。

 また居住スペースだけでなく室内の質感や乗り心地、走行性能などについてもホンダは「上級セダン並みを目指した」としており、実際グレイスは、それをある程度達成していたように思えます。

内装。5ナンバーサイズながら、キャビン・ラゲッジスペースとミドルクラス以上の広さを誇った

 2015年6月には最高出力132psの1.5L直4直噴ガソリンエンジン車を追加し、2017年7月にはマイナーチェンジで内外装を少々変更するとともに、運転支援システム「Honda SENSING」を標準またはオプションで設定するなどのテコ入れも行いました。

 しかしグレイスの販売台数は依然として「低空飛行」が続き、その結果ホンダは今年7月、グレイスの生産と販売を終了。

 ホンダの国内向けラインナップから再び、「5ナンバーセダン」が消滅することになりました。

■2014年登場時と2020年。変わり続ける情勢のなかでのセダンの現在地

 さまざまな意見はあることでしょうが、個人的には、グレイスは「なかなか悪くない車だった」と思っています。

 フォルムはけっこうシュッとしていますし、サイズの割に車内はとても広く、エンジン&モーターのフィーリングを含めた広義の乗り味も上質です。

 つまり「けっこういい感じの車」だったのです。

 そういった「けっこういい感じの車」がてんで売れなかったということは、要するに「ジャンルそのものが死んでいる」ということです。5ナンバーサイズのセダンという畑自体が“終わってる”のです。

 この見方には反論もあるでしょう。

 例えば「高齢者はそもそもセダンを好み、なおかつ扱いやすくて税金も安い5ナンバーセダンを求めてるじゃないか!」という感じでしょうか。

 これは確かにそのとおりで、筆者も、70代ぐらいの上品なご夫婦がブルバードシルフィやトヨタ プログレあたりに乗られている姿をしばしばお見かけします。

 しかし率直に言って、購買力が落ちている70代ユーザーに頼った自動車ビジネスが成り立つはずがないのは、火を見るより明らかでしょう。

 70代までいかない60代の人も、基本的にはセダンの人気が高かった時代に育った人々ですから、一部の人は5ナンバーセダンを求めるのかもしれません。

 しかし筆者が知る限りでは、60代の人の多くは今どき流行りのSUVあたりに興味を持ちながら、演歌ではなくロックンロールを聴いています。

「これほどまでにクルマのジャンルが多様化した時代にあってもクルマの基本形であるセダンの魅力は色褪せない」。グレイスの資料にはそう謳われていた

「でも5ナンバーセダンには法人需要ってやつがあるぞ!」という反論もあるでしょう。

 これまた確かにそのとおりですが、どうなんでしょうか? 重役さんが乗るクラウンとかではなく、かといって第一線で働く人にとって便利なトヨタ プロボックスみたいな車でもない。

「5ナンバーサイズのセダン」がどうしても必要なビジネスパーソンって、どんな人なんでしょうか?

 ……クラウンがあてがわれるほどエラくはないけど、プロボックスや軽だとちょっと格好がつかない「ホワイトカラーの中間管理職」でしょうか?

 以前はそういった需要が確実にあったのかもしれません。しかしホワイトカラー中間管理職の存在意義そのものが問われている昨今、そのセグメントの需要がぐっと伸びるとは考えにくいはずです。

 あとは「海外のアジア圏ではまだまだセダンが好まれている」という意見もあるかと思います。

 これもそのとおりなのですが、しかし最近は、例えばタイあたりでも自動車に関する嗜好が多様化していて、若い方を中心に「セダンじゃなくてSUVのほうがいい」と考える人が増えています。

 ちなみにこれは筆者がテキトーな妄想として言っているわけではなく、野村総合研究所が2018年4月に公開した資料に書いてあったことです。

 それによれば2015年以降、タイでもカローラなどからSUVおよび小型MPVへと人気がシフトしはじめたそうです。

 2014年12月にホンダ グレイスが発売された頃は、いや、その開発が行われていた頃は、「5ナンバーセダンを求めている人、あるいは『フォーマルなセダンに戻りたい』と考えている人は、まだたくさんいるはず!」と考えられていたのでしょうし、実際、そのとおりだったのだと思います。

 その読みに基づき、ホンダはなかなか素晴らしいフォルムと性能の5ナンバーセダン、すなわちグレイスを作り上げました。

 しかしその後、世の中の潮流が思いのほか早く変化してしまったことが、グレイスにとっては不幸でした。仕方のない話ではあるのですが、やっぱりちょっと残念には思います。

■ホンダ グレイス 主要諸元
・全長×全幅×全高:4440mm×1695mm×1475mm
・ホイールベース:2600mm
・車重:1200kg
・エンジン:直列4気筒DOHC+モーター、1496cc
・最高出力:110ps/6000rpm(システム最高出力137ps)
・最大トルク:13.7kgm/5000rpm
・燃費:31.4km/L(JC08モード)
・価格:221万円(2014年式 ハイブリッドEX)

【画像ギャラリー】ホンダの「優美なる」5ナンバーセダン!!! グレイスの画像をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ