“栄光なき名車たち”主役となれなかった悲劇の名車にスポットライトを当てる


■スズキ 2代目エスクード(1997〜2005年)

 初代エスクードは、今につながるクロスオーバーカーブームを築いたSUVの功労車だ。キュートなデザインとタフなメカニズムがウケ、内外でヒットを飛ばした。

 続く2代目は、メカは進化していたし、車格も上がったが、当時ウケていたのは都市型SUVの初代CR-V。2代目エスクードは日本人ウケするデザインではなかったこともあり、CR-V人気の壁を崩すことなく、陥落したのである。

≪編集部からのコメント≫ 歴代唯一の3列シートモデルの設定など、見どころはあった。でも確かにピリッとしなかった。

■トヨタ グランビア(1995〜2002年)

 操縦安定性や安全性の要求度が高くなったのを機に、トヨタはワゴン専用設計のミニバン、グランビアを送り出した。3ナンバーの堂々としたボディ、2.7Lのディーゼルターボと3.4LのV6ガソリンエンジンも余裕があった。

 が、その2年後に「最高級新世代1BOX」を掲げ、上質なV6エンジンを積んだ初代エルグランドが登場。迫力ある顔つきと広い車内で人気となり、グランビアの存在感は薄まった。

≪編集部からのコメント≫この時の敗北が、今のアルファード人気につながってると思えば、グランビアも本望でしょ。

次ページは : ■日産 アベニールブラスター(2000〜2005年)