ノート、フィットなど素性のいい国産車でスポーツモデルをつくるなら??


■マツダ3は2.5ターボで東洋一のホットハッチに!

写真は2020年の東京オートサロンに出展されたMAZDA3 MOTORSPORTS CONCEPT。マツダ3のパワーユニットは1.5&2.0Lガソリン、1.8Lディーゼル、SKYACTIV-X。パワフルなエンジンがあればさらに魅力が増す?

 最後はマツダ3。もっとワイドなブリスター感アゲアゲのシルエットにしたいね。このデザインは低くワイドが映える。

 パワーソースは2.5Lターボでしょ! CX-5やCX-8に搭載されてるヤツ。このエンジン下から上までバツグンのレスポンスとパワー。特に高回転域の抜け感がたまらない。目指すは東洋一の、いや世界一のホットハッチ。

 もともとハンドリングが素直なクルマだから、ローダウンでしっとりと重みのあるステアリングフィールに仕立てる。そのためにはホイールのインチアップとタイヤの扁平化もキモ。

 自社ブランドにマツダスピードもあるがオートエグゼなど、アフターブランドを横断的に採用するなどマルチな混血スポーツにすると超ニッチなスポーツが出来上がりそうだ。

【画像ギャラリー】本文未掲載含む全11枚! 素性の良い国産車 5選を写真で見る!!