脱ガソリンでハイブリッドはガラパゴス化してしまうのか!? 日本メーカーが開発を続けるハイブリッドの未来とは?

時代はHVよりEVなのか!? カーボンニュートラル時代におけるハイブリッド/電気自動車の未来

 北米や欧州などで「2030年以降は電動車以外は禁止」という決定を受けて、各メーカーから電気自動車の発売が続いている。

 日本のメーカーからも新型のEVが登場しているが、日本メーカーがもっとも得意としているハイブリッドはどうなってしまうのだろうか? ハイブリッド車の今後を占う。

文/鈴木直也、写真/TOYOTA、HONDA、NISSAN

【画像ギャラリー】プリウス、ノート、フィット……電動車はEVだけじゃない!! 日本が誇るHV/EVを見る!!


■日本のメーカーがハイブリッドカー開発を続ける理由

昨年フルモデルチェンジをはたしたトヨタ MIRAI

 最近、「2030年代にはハイブリッドも禁止になるんですか?」とか「EV時代になるとハイブリッドはガラパゴスになるって本当?」といった質問をよくされる。

 これは、昨年10月に「2050年にカーボンニュートラルを目指す」という菅総理の所信表明演説がきっかけだ。

 これを後追いするように、「2030年半ばにガソリン車の新車販売を禁止」とか、「東京都は2030年までに都内で販売される新車を電動車に切り替える方針」といった報道が相次いだ。

 それ以前から、欧米圏で「2030年代には電動車以外は禁止」というニュースが話題になっていたから、ついに日本にもその波が押し寄せたか、多くの人がそう思ったのも無理からぬことといえるだろう。

 しかし、自動車業界や専門家の認識はその真逆だ。

 使い勝手に優れたエンジン車を今後10年ちょっとで禁止するのは現実的とは言い難いし、EVのみでカーボンオフセットを目指すなら火力発電所をすべて原発か再生可能エネルギー発電に置き換える必要がある。どちらも長期的に取り組まなければ解決できない問題だ。

 もし本気で脱炭素化を目指すならば、むしろハイブリッドこそ改革の切り札。EVか内燃機関かという二元論ではなく、ハイブリッド化で内燃機関車の効率を高めながら、適材適所にEVやPHEVを投入しつつ、並行して電力エネルギーの脱炭素化を進める。そういった全方位戦略が必要となる。

 こういう地道な改革を積み重ねて行かないと、CO2削減の実効性を高めることはできない。茹でガエルだとかガラパゴスだとか揶揄されつつも日本の自動車メーカーがハイブリッド開発を続けるのは、カッコいい理想論だけではCO2は減らないし、それではメシが食えないことを熟知しているからなのだ。

■EVで逆転を図る欧米勢の思惑

自動車産業は日本にとって重要な基幹産業となっている

 こんなことを言うと、「でも、日本以外ではハイブリッドをすっ飛ばしてEVに移行しようとしてるじゃないですか」と突っ込まれそうだが、それは確かにそのとおり。欧米勢は意図的に一足飛びにCO2削減の主力をEVへ誘導しようとしている。

 しかし、これは彼らがハイブリッド車の開発競争で日本勢に完敗したからで、反撃のためのポジショントークと見た方がいい。

 初代プリウスの時代からみるとハイブリッド車開発のハードルは下がったが、それをリーズナブル価格で売って利益を出すのは依然として難しい。一時の中国がそうだったが、EVに転換することで一気にゲームの主導権を奪うという意図が見え隠れする。

 とりわけVWグループは自らが引き起こしたディーゼルゲート問題で自縄自縛となり、政治的にEV以外の選択肢を失ったといっていい状態。彼らも必死なのだ。

 しかし、EVシフトもいいが、そこで利益を上げて雇用を維持できなければ、大手自動車メーカーはいずれ立ち行かなくなる。

 先日の豊田章男自工会会長の談話では、自動車産業は日本のGDPの約1割、輸出の約2割を占め、関連産業まで入れると約540万人を雇用する基幹産業であることが強調されていた。

 ハイブリッド技術という武器を有効に使って、電動化へ向けた過渡期をうまく乗り切って行くことが、日本の自動車メーカーにとって最も重要なテーマなんじゃないかと思う。

次ページは : ■トヨタがリードするハイブリッドシステム