車が大きくなりすぎている? 昔の車と“ほぼ同サイズ”の現行車

 時代を経るごとに、車は大きくなってきた。その背景には衝突安全性や室内空間の確保といった事情がある。一方でサイズの拡大を含め、ある車種が“上級移行”した場合には、既存のユーザーのニーズを、下の車格のモデルがカバーしているという例もある。例えば、ホンダ フィットは1987年発売のグランドシビックとほぼ変わらないサイズだ。本記事ではそんなことも含めながら「車のサイズの昔と今」を考えてみたい。

文:永田恵一
写真:編集部、HONDA、MAZDA、NISSAN


シビックにみる車のサイズの変遷

 はじめに今の車と昔の車のサイズを、「歴史があって登場の新しい車」代表として、昨年7年振りにカタログモデルとしての復活したホンダ シビックを例に挙げてみよう。

 シビックの初代モデルは、その車名通り、今でも同クラスとなるカローラやゴルフと比べても格段に小さい扱いやすいサイズだった。

 2代目(1979年発売)から4代目(1987年発売)は、4代目で全幅が5ナンバーフルサイズになったのは気になるが、まあ同クラスの水準とはいえるサイズをキープしていた。

5代目シビック
5代目シビックフェリオ(1991-1995)/全長4395×全幅1695mm。ハッチバックは全長4070mmとセダンよりコンパクトだった

 1回目のターニングポイントとなったのが5代目モデル(1991年発売)だ。

 5代目モデルは5ナンバー幅こそ維持したものの、7代目モデル(2000年発売)までの4ドアセダンの全長は約4400mmと、この全長は、同時期に初代と2代目モデルだった1クラス上のプリメーラと同等にまで肥大してしまった。

 また、性格が違うのは事実ながら7代目モデルで加わった5ドアハッチバックの全長は、同時期のカローラランクスやゴルフIVに対して100mmも長く、今になると7代目モデルが本格的な肥大化の前兆だったように映る。

 そして、世界的なこのクラスの流れもあり、8代目モデルでサイズは一気に拡大。その後2017年に復活した現行シビックも肥大化は止まらず、これ以上肥大化するのは日本市場では考えモノなサイズにまで成長してしまった。

■現行型シビックと昔の車のサイズ比較

・現行型シビックセダン/全長×全幅×全高:4650×1800×1415mm
・3代目アコード/全長×全幅×全高:4565×1695×1355mm(1985-1990)
・初代レジェンド/全長×全幅×全高:4690×1695×1390mm(1985-1990)

デミオとファミリアもほぼ同等! 昔の車をカバーする現行車

■現行型フィット/全長3990×全幅1695mm

■4代目シビック 3ドア/全長3995×全幅1670mm(1987-1991)

 フィットは、コンパクトカーとしては歴代キャビンが驚異的に広く、シビックにあった3ドアハッチバックこそないもののバリエーション豊富。

 4代目シビックにあったSi級のスポーツモデルとなる「RS」に加え、ボディタイプもセダンのグレイス、ステーションワゴンのシャトル(シビックと同じ車名)、つい最近までシビック時代のCR-Xに近い存在のCR-Zもあり、かつてのシビックの後継車としての役割を十二分に努めている。

■現行デミオ/全長4060×全幅1695mm

■7代目ファミリア 3ドア/全長4030×全幅1690mm(1989-1996)

 マツダ デミオとファミリアもフィットとシビックと同じ話だ。ドアの数とデミオに7代目ファミリアの4WDターボのような本格的なスポーツモデルがない以外、デミオは文句なくアクセラのサイズでは困る、ファミリアユーザー向けの受け皿といえる。

■現行レヴォーグ/全長4690×1780mm

■4代目レガシィツーリングワゴン/全長4680×全幅1730mm(2003-2009)

 現行レヴォーグは、まさしく5代目レガシィのアメリカシフトによる肥大化で行き場を失った4代目までのレガシィツーリングワゴンユーザー(特に2.5L、NAと2Lターボ)向けの受け皿だ。

 唯一惜しかったのは、4代目レガシィからレヴォーグの登場までに5年のタイムラグがあったこと。いろいろあったにせよ、レヴォーグの登場がもう少し早かったらなお良かったと思う。

サイズは同じ…でも受け皿とは言えない現行車たち

■トヨタ カローラ/全長4400×全幅1695mm

 今でも5ナンバーサイズを守っていることは拍手モノで、現行モデルのサイズは昭和のファミリーカーだった9代目コロナ(全長4480×全幅1690mm)と同等と、そのあたりの車の受け皿にはピッタリのサイズだ。

 しかし現行モデルは、1クラス下のヴィッツベースとなったこともあり、それまでのカローラが持っていた「値段に対するいいモノ感」のような良さを失い、内容の割に高いクルマになってしまった。

■日産 マーチ/全長3825×全幅1665mm

 先代までの3世代のマーチは、シッカリとしたポリシーのあるコンパクトカーで、現行マーチもサイズ的には3代目パルサー(全長4030×全幅1640mm)の3ドアハッチバックあたりに近く、フィットのようにかつての大衆車クラスの受け皿としてサイズだけは合致する。

 しかし、いかんせん現行マーチの質は、現代のコンパクトカーの水準に達しておらず、「安っぽい割に総合的に考えたら安くない」という車だ。

3代目パルサーの3ドアハッチ車。当時はマーチより1クラス上のハッチバックだったが、現在のマーチはこのパルサーと同等以上のサイズとなっている
3代目パルサーの3ドアハッチ車。当時はマーチより1クラス上のハッチバックだったが、現在のマーチはこのパルサーと同等以上のサイズとなっている

■日産 ティアナ/全長4880×全幅1830mm

 現行ティアナのサイズは、初代フーガ(全長4840×全幅1795mm)に近く、現行フーガのサイズを持て余すユーザーにとって悪くない受け皿だ。

 しかし、ティアナの初代と2代目は、インテリアや伸びやかなスタイルといった魅力もあったのだが、現行モデルは特徴を見つけるのが難しい、ただ大きいセダンになってしまった。

 FFラージセダンなら「いっそアメリカで売っているスポーティなマキシマをティアナにすればよかったのに」とも思う。

◆  ◆  ◆

 車の肥大化は道路事情の良くない日本ではあまり歓迎できることではないが、「シビックの代わりにフィットがある」というように、既存ユーザーの受け皿になっている車もある。

 そのうえで考えたいのは「車名」について。かつてと同じ車名のままでいるから「俺の知っていたシビックはこんなに大きくない!」となってしまうわけで、今のシビックは、シビックという車名でなくてもよいのではと思う。

 車は時代に合わせて変わってゆくもの。それによってサイズや特徴が変わったなら、同じ車名にこだわる必然性はないのでは? 車名が変わったとしても、その車の「価値」が下がるわけではないのだから。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ