もう限界!? スタッドレスタイヤは何年使える?


 春が近づき首都圏などでは、そろそろ冬に履き替えたスタッドレスタイヤをノーマルタイヤに戻したいと考える人が出てくる頃だろう。そしてなかには、「今履いているスタッドレスは来年には3~5年目、来シーズンもまだ使えるのかな? 」という疑問がある人も多いのでは?

 そこで、本企画ではスタッドレスタイヤは何年使えて、交換時期の目安は何なのか? を自動車評論家の斎藤聡氏に解説してもらった。

文/斎藤 聡  写真/Adobe Stock(naka@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】タイヤ表面に現れる「突起」に注目!スタッドレスタイヤの交換時期について学ぶ


■使用限界のポイントは「摩耗」と「劣化」

タイヤ交換イメージ(tkyszk@Adobe Stock)

 スタッドレスタイヤの使用限界の見極めは難しいですね。それは走行距離、走り方、保管方法でタイヤの摩耗や劣化が大きく変わってくるからです。

 見極めのポイントは「摩耗」と「劣化」の2点になります。

 摩耗には、ブロックの高さが低くなる走行距離に応じた摩耗と、走り方でブロックのエッジが丸まってしまったり、サイプが開いてしまったりする摩耗の2種類が考えられます。

 たいていは、両方の摩耗が進んでタイヤの性能が落ちてしまったり、使えなくなります。

 走行距離による摩耗で見る場合は、スタッドレスタイヤの使用限界は50%(の摩耗)という認識でいいと思います。

■新品から50%摩耗したら使用限界

縦溝にある突起がプラットフォーム。タイヤの摩耗が50%になるとブロックと同じ高さになり、それが使用限界のサインのひとつ(tkyszk@Adobe Stock)

 国産スタッドレスタイヤには、タイヤの使用限界を示すスリップサインのほかに、スタッドレスタイヤの使用限界の目安となるプラットフォームという突起が、縦溝に数か所つけられています。プラットフォームはタイヤの摩耗が50%になると現れます。

 厳密にいうと、スタッドレスタイヤの摩耗が50%になるとスタッドレスタイヤとして扱われなくなるというのは、「都道府県道路交通法施行細則」という都道府県ごとに決められた細則。細かな規則なんです。

 50%摩耗を超えると冬用タイヤとして認めないという県もあれば、明記されていない県もありますが、県を跨いで移動することになると、冬用タイヤと認められなくなるという不都合が出てきますから、50%摩耗をスタッドレスタイヤの使用限界と考えていくのがいいと思います。

 タイヤの構造の面から見ても50%を使用限界とみるのが妥当です。国産のスタッドレスタイヤはは、ほぼ2層トレッド(コンパウンド)にしています。ベースコンパウンドに剛性の高いゴムを使うことで、上にのせるソフトなトレッドゴムを支えたり、転がり抵抗を少なくする効果もあります。

 50%摩耗まで使ってもベースゴムが露出するようなことはありませんが、ベースゴムに剛性の高いゴムが使われていると、モノコンパウンド(1層タイプ)よりも、摩耗の進行とともにブロックの剛性が高くなっていきます。

 タイヤメーカーでも50%摩耗まではスタッドレスタイヤとしての性能が充分発揮できるように作っていますから性能的には問題ありませんが、それ以上摩耗が進むと、同様の氷雪性能は期待できなくなります。ですから、まずは50%摩耗がひとつの目安になります。

次ページは : ■摩耗しないように走っても4~5年が限界の目安

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ