【車の細かくて小さい「進化」を見逃すな】 小さいけれど大事な進歩


【マツダ CX-3(2018年5月17日 大幅改良)】

電動パーキングブレーキ採用。あわせてオートホールド機能も追加

 次世代車両構造技術「SKYACTIVビークルアーキテクチャー」の一部採用やディーゼルが1.8LになったCX-3。リリースに記載はないが、パーキングブレーキが電動になり、ブレーキから足を放しても停車状態を維持するオートホールド機能も追加された。

【ホンダ ヴェゼル(2018年2月15日 マイチェン)】

リアナンバー上部のガーニッシュの形状変更およびメッキ加飾を追加

 ニュースリリースで主に謳っているのは「Honda SENSING」の全車標準装備やデザインの進化、加速フィールの向上。デザインの進化に関してはフロントについての記述はあるが、リアについては記載なし。リアも変わってますよ、チョコッとだけど。

次ページは : 【ホンダ S660(2018年5月24日 一部改良)】

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ